ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ウォッチメン」



原題

Watchmen
製作年度/国

2009年/アメリカ
上映時間

2時間43分
日本公開

2009年3月28日   全米公開:2009年3月6日
配給会社

パラマウント
ジャンル

SFアクション、ファンタジー、ドラマ、クライム
カラーorモノクロ

カラー
監督 ザック・スナイダー(「ドーン・オブ・ザ・デッド」「300<スリーハンドレッド>」

脚本 デヴィッド・ヘイター(「X-メン」「スコーピオン・キング」)
アレックス・ツェ

製作 ローレンス・ゴードン(「ロケッティア」「トゥームレイダー」「ヘルボーイ」)
ロイド・レヴィン(「ロケッティア」「トゥームレイダー」「ヘルボーイ」)
デボラ・スナイダー(「300<スリーハンドレッド>」(製作総指揮))

キャスト ローリー・ジュスペクツィク(シルク・スペクター) マリン・アッカーマン
ジョン・オスターマン(DR. マンハッタン) ビリー・クラダップ
エイドリアン・ヴェイト(オジィマンディアス) マシュー・グード
サリー・ジュピター(初代シルク・スペクター) カーラ・グギーノ
ウォルター・コバックス(ロールシャッハ) ジャッキー・アール・ヘイリー
エドワード・ブレイク(コメディアン) ジェフリー・ディーン・モーガン
ダン・ドライバーグ(ナイトオウル) パトリック・ウィルソン
ホリス・メイソン(初代ナイトオウル) スティーヴン・マクハッティ
エドガー・ジャコビ(モーロック) マット・フルーワー
ジェイニー・スレイター ローラ・メネル

公式HP http://www.watchmenmovie.co.uk/intl/jp/ (日本)
http://watchmenmovie.warnerbros.com/ (アメリカ)

ストーリー 世界の<監視者>となり、様々な重大事件と関わりを持ってきた“ウォッチメン”。しかし、1977年をもって、彼らの活動は政府により禁止されてしまう。時は流れ、1985年。ニューヨークの高層マンションから、エドワード・ブレイクという男が突き落される。傍らには、ウォッチメンの象徴であるスマイルバッジが落ちていた。不審に思った“顔のない男”ロールシャッハは、元同僚である“ウォッチメン”たちの捜査に乗り出す…。

K’s Point 確固とした得意分野を確立したザック・スナイダー
2004年、「ドーン・オブ・ザ・デッド」で幸先の良い監督デビューを果たしたザック・スナイダー。続く「300<スリーハンドレッド>」はグラフィック・ノベル原作物に挑み、その独特なビジュアルセンスが大いに話題を呼んだ。これまでの作風を見ても、ちょっと異端な匂いのするスナイダー監督の3作目が、これまたグラフィック・ノベルを映像化した本作「ウォッチメン」である。公開初日の劇場には、原作ファンと思しき外国人の姿がチラホラ。地味なキャスト陣も、きっと彼らのイメージを損なわず、かつミステリーの要素を最大限に活かすように配慮した結果だろう。アメコミのノリを期待して観に行くと、バイオレント過ぎる描写には目を背けたくもなるが、ヒーローの苦悩、世代交代、自分が掲げる正義が他人にも当てはまるのか等、とことん突き詰めたくなるテーマを斬新なカットと共存させるスナイダー流の魅せ方は、特定のファンを取り込んでいきそうな予感。4作目、5作目…と、2011年まで予定がビッシリ詰まっている彼の今後に注目だ。




プライバシーポリシー