ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com













































■「ベクシル 2077  日本鎖国」       
      

iconicon   




製作年度/国 2007年/日本
上映時間 1時間49分
日本公開 2007年8月18日
配給会社 松竹
ジャンル SF、サスペンス
カラーorモノクロ カラー

監督 曽我文彦(「ピンポン」)
脚本 半田はるか(「APPLESEED  アップルシード」)
曽我文彦(「ピンポン」)
主題歌 mink「Together again」
キャスト ベクシル 黒木メイサ
(声の出演) レオン・フェイデン 谷原章介
マリア 松雪泰子
タカシ 朴路美
サイトウ 大塚明夫
リョウ 櫻井孝宏
キサラギ 森川智之
タロウ 柿原徹也
公式HP http://www.vexille.jp/(日本)
ストーリー 21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオ・テクノロジーとロボット産業が急速に発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。しかし様々な危険性が指摘されるようになると、国連はこれらの技術を厳格に規制することを求めた。日本政府はその要求に従うどころか、反旗を翻して我が道を行く決定を下したのだった。その決断とは...。「日本鎖国」
2067年。日本はハイテク技術を駆使した完全なる鎖国をスタートする。その後日本の情勢は秘密のベールに包まれたまま、10年が経過した。
そして2077年。米国特殊部隊"SWORD"所属の女性兵士、ベクシルは、日本への潜入作戦を実行する。しかしそこでベクシルが目にしたのは、想像を絶する光景であった。延々と続く荒涼たる地...これがハイテク技術の末に辿り着いた、真の日本の姿なのだろうか? 
K’s Point 世界129カ国で上映決定! 日本が誇る映像を見よ
ロカルノ国際映画祭でオープニング飾った本作。世界最高峰の映像技術と日本鎖国という衝撃の内容から注目が集まり、世界中からオファーが殺到。日本をかわきりに順次海外での公開が決まっている。
曽利文彦監督の意思を全てのスタッフに浸透させるため、通常200人以上が必要とされる映像をたった60人の精鋭のみで作成。特に力をいれたという未来の「驚くべき東京」の街並みに注目。1年半かけて作成したものに納得いかず、全てつくりなおしたというその潔さと妥協を許さない志が、かつてないほど見事な映像を作り上げた。
K’s Point 進歩の先にあるもの……
テクノロジーの進歩により人の生活は便利になり、豊かになった。いや、はたしてそうなのだろうか。物質的に満たされてはいるが、人とのつながりは薄れ、個人化、孤立化は進む一方。もはや家族の声さえも聞こえない現実がある。この物語は70年も先の仮想世界だが、決してありえない話ではない。(ちょっと強引な展開ではあるが)。人間の傲慢やエゴが生みだした「豊かな世界」がとてもリアル。近い未来、こんな本当に世界も来るかもしれないという怖さを感じる作品だ。

 
     







プライバシーポリシー