ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」



大作戦争映画に出演することになった俳優たちは、真の兵士になり切ることを要求され…。
ベン・スティラーがスタッフから主演まで一人何役もこなし、お得意の抱腹絶倒ワールドを展開!


原題

Tropic Thunder
製作年度/国

2008年/アメリカ、ドイツ
上映時間

1時間47分
日本公開

2008年11月22日   全米公開:2008年8月15日
配給会社

パラマウント
ジャンル

戦争コメディ、アクション
カラーorモノクロ

カラー
監督
ベン・スティラー(「リアリティ・バイツ」「ケーブル・ガイ」「ズーランダー」)

原案 ベン・スティラー(「ズーランダー」)
ジャスティン・セロー

脚本 ベン・スティラー(「ズーランダー」)
ジャスティン・セロー
イータン・コーエン

製作 ベン・スティラー(「ズーランダー」「ドッジボール」「俺たちフィギュアスケーター」) 他

キャスト ダグ・スピードマン ベン・スティラー
ジェフ・“ファッツ”・ポートノイ ジャック・ブラック
カーク・ラザラス ロバート・ダウニー・Jr
アルパ・チーノ ブランドン・T・ジャクソン
ケヴィン・サンダスキー ジェイ・バルチェル
コディ ダニー・R・マクブライド
デミアン・コックバーン スティーヴ・クーガン
ロブ・スロロム ビル・ヘイダー
ジョン・“フォーリーフ”・テイバック ニック・ノルティ
トラン ブランドン・スー・フー
ビョング レジー・リー
マリア・メノウノス マリア・メノウノス
タイラ・バンクス タイラ・バンクス
レベッカ クリスティーン・テイラー
リック・ペック マシュー・マコノヒー
レ・グロスマン トム・クルーズ
ジョン・ヴォイト ジョン・ヴォイト
ジェニファー・ラヴ・ヒューイット ジェニファー・ラヴ・ヒューイット
ジェイソン・ベイトマン ジェイソン・ベイトマン
ランス・ベース ランス・ベース
アリシア・シルヴァーストーン アリシア・シルヴァーストーン
トビー・マグワイア トビー・マグワイア(クレジットなし)
老カルサーズ ミッキー・ルーニー

公式HP http://www.shijosaitei.jp/ (日本)
http://www.tropicthunder.com/ (アメリカ)

ストーリー ベトナム戦争の英雄・テイバックの回顧録“トロピック・サンダー”映画化決定。ここに、返り咲きたい落ち目のアクション俳優ダグ、オナラ芸からの脱却を図るコメディアンのジェフ、役になり切ることが身上で、黒人役のために皮膚の手術までしたオーストラリア人俳優カークたちが集結する。ところが、彼らのワガママがたたって、撮影早々に予算オーバーの危機を迎えてしまう。困惑する監督デミアンにテイバックが与えた助言は、ホンモノを体験すること。かくして俳優たちは、何も知らされないまま、麻薬組織が横行する東南アジアのジャングルへと送り込まれるのだった…。

K’s Point 非難と絶賛を浴びた問題の大作コメディ、日本上陸!
豪華俳優陣を揃え、惜しげもなく爆破シーンを盛り込んだベン・スティラーの新作コメディは、アメリカで公開されるやいなや、3週連続でNo.1を獲得し、ラクラク$1億クリアの快進撃を見せた。とは言え、この映画、すべての人に拍手で迎えられたというわけでもないのだ。知的障害者を蔑視する“Retard”という言葉を度々用いたり、白人が手術を受けて黒人もどきになる設定など、各方面から反発の声も上がった。しかし、スティラーは決して差別的感情を込めて作ったのではない。例えば、知的障害者を演じる俳優がアカデミー賞®を獲りやすいと言われるが、そんなハリウッドという特殊な世界の持つおかしさを笑い飛ばしてみせたのである。自分が属する世界をあえて自嘲的に描きつつ、でも映画への愛は詰まっている(「プラトーン」など名作のパロディも満載!)、渾身の作品だ。だが、果たしてこれが日本人ウケするのかというと、それは少し難しいのでは。彼の前作が大好きな人でも好き嫌いが二分しそうな、そんな映画である。




プライバシーポリシー