ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「トランスフォーマー/リベンジ」  ◆チョイオシシネマ



トランスフォーマーの起源を知ったサムが、新たなバトルに直面する大ヒットシリーズ第2弾!
オプティマス・プライムが人類を守るため、陸軍と同盟を組んで立ち上がる――。
クールなトランスフォーム・シーンの更なる進化に期待せよ!!


原題

Transformers: Revenge of the Fallen
製作年度/国

2009年/アメリカ
上映時間

2時間30分
日本公開

2009年6月20日   全米公開:2009年6月26日
配給会社

パラマウント
ジャンル

SFアクション、アドベンチャー
カラーorモノクロ

カラー
監督 マイケル・ベイ(「バッドボーイズ」「ザ・ロック」「アイランド」「トランスフォーマー」

原案 アレックス・カーツマン(「レジェンド・オブ・ゾロ」「トランスフォーマー」
ロベルト・オーチー(「レジェンド・オブ・ゾロ」「トランスフォーマー」

脚本 アーレン・クルーガー(「隣人は静かに笑う」「クローン」「ブラザーズ・グリム」)
アレックス・カーツマン(「アイランド」「M:i:V」「トランスフォーマー」
ロベルト・オーチー(「アイランド」「M:i:V」「トランスフォーマー」

製作総指揮 マイケル・ベイ(「トランスフォーマー」
ブライアン・ゴールドナー(「トランスフォーマー」
スティーヴン・スピルバーグ(「メン・イン・ブラック」「トランスフォーマー」
マーク・ヴァーラディアン(「トランスフォーマー」

キャスト サム・ウィトウィッキー シャイア・ラブーフ
ミカエラ・ベインズ ミーガン・フォックス
レノックス大尉 ジョシュ・デュアメル
シモンズ捜査官/ ジョン・タトゥーロ
エップス軍曹 タイリース・ギブソン

声のキャスト オプティマス・プライム ピーター・カレン
ジェットファイヤー ジョン・タトゥーロ
メガトロン ヒューゴ・ウィーヴィング
バンブルビー マーク・ライアン

公式HP http://www.tf-revenge.jp/ (日本)
http://www.transformersmovie.com/ (アメリカ)

ストーリー オートボットとディセプティコンの壮絶な闘いから二年。家族や愛するミカエラと離れ離れになることに不安を抱えながらも、サムは大学に進学し寮生活を送る事に。しかしある日、キューブのかけらを発見したサムの頭の中に「ある情報」がインプットされてしまう。そしてその「情報」を奪うため、海の底で錆びついてたはずのメガトロンが復活し、サムの身に危険が及ぶ。サムを救うため、人間を、地球を救うため、再びオートボットたちは立ちあがり、ディセプティコンとの闘いが始まる。

K’s Point 製作費は前作の2倍、迫力は?
前作の1億5,000万ドルの2倍にあたる製作費が費やされた本作。映像の迫力も、エジプト、上海と飛び回るストーリーも、前作を大きく上回る。クライマックスの戦闘シーンは、とにかく手に汗握る展開だ。それもそのはず、CGを駆使しながらも爆撃シーンは本物というマイケル・ベイ監督ならではの演出。続編をつくった価値はこれだけでも十分にあるだろう。少々長い気もするし、サムを追う悪ロボVS.善ロボというストーリーは「1」と同じ?という気もするが、そんなことは気にせずとにかく楽しもう!

K’s Point トランスフォーマーたちのキャラに注目
今回の楽しみはとにかく「トランスフォーマーたち」だ。前作から出演しているオプティマスは、本作では重要な鍵を握る。またサムのボディガードであるバンブルビーの御茶目な行動がたまらない。そしてその他にも偵察型や、何台もの車などが合体してトランスフォームするディセプティコン、また双子のオートボットなど魅力的なトランスフォーマーたちが登場。そのトランスする姿はとにかく素晴らしいのでぜひ劇場で。




作品の音声レビューはこちら↓↓↓




プライバシーポリシー