ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「主人公は僕だった」

iconicon

原題

Stranger Than Fiction
製作年度/国

2006年/アメリカ
上映時間

1時間52分
日本公開

2007年5月19日
配給会社

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ジャンル

コメディ、ドラマ、ファンタジー
カラーorモノクロ

カラー
監督

マーク・フォースター(「チョコレート」「ネバーランド」「ステイ」)
脚本

ザック・ヘルム
キャスト ハロルド・クリック ウィル・フェレル
カレン・アイフル エマ・トンプソン
ジュールズ・ヒルバート ダスティン・ホフマン
ペニー・エッシャー クィーン・ラティファ
アナ・パスカル マギー・ギレンホール
その他のキャスト リンダ・ハント
トニー・ヘイル
クリスティン・チェノウェス
トム・ハルス

公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/strangerthanfiction/ (日本)
http://www.sonypictures.com/homevideo/strangerthanfiction/ (アメリカ)

ストーリー





ハロルドは平凡な日々を送る国税庁の会計捜査官。だがある日突然、頭の中で女性の声が聞こえばじめる。その声は自分の行動を文学的な言葉で表現し、見事に的中させていく。しかし、「このささいな行為が死を招こうとは、彼は知るよしもなかった…」という言葉を聞いてしまっては、じっとしているわけにはいられない! 「自分が何かの小説の主人公になっている」と直感したハロルドは、文学を専門とするヒルバート教授に協力をあおぎ、その声の主を探そうとするが……

K’s Point 斬新な企画により「ナショナル・ボード・オブ・レビュー」脚本賞受賞
自分が小説の主人公だった! ありそうでなかったこの斬新な企画に、「チョコレート」「ネバーランド」のマーク・フォスター監督がスパイスを加えた本作は、大人のファンタジー作品としてアメリカで大ヒットを記録。人生を諦めているかのような主人公・ハロルドが、ある「声」により初めて「生きたい」と奔走する姿は非現実的でありながらとても現実的。さえないハロルドにいつしか自分を重ねあわせ、自分も人生をやり直したい!と思い始める。日々の幸せに気付かせてくれ、明日への元気をくれる作品だ。

K’s Point うまい俳優が集結!
主人公ハロルドを演じるウィル・フェレルは日本でイマイチ馴染みは薄いが、アメリカでは超有名なコメディ俳優。正直、もうちょっと彼ならではのコメディ演技が観たかった気もするが、今回も見えない「声」に振り回される男を見事に演じている。また「声」の主である人気小説家を演じるエマ・トンプソン、彼の相談にのる教授を演じるダスティン・ホフマンと個性派俳優が集結。「セクレタリー」で注目を浴びたマギー・ギレンホールの演技も光る。