ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「守護天使」  ◆チョイオシシネマ

    
(c)2009『守護天使』製作委員会

製作年度/国

2009年/日本
上映時間

日本公開

2009年6月20日   
配給会社

エイベックス・エンタテインメント
ジャンル

コメディ
カラーorモノクロ

カラー
監督 佐藤祐市(「キサラギ」「シムソンズ」)
原作 上村佑『守護天使』(宝島社刊)
脚本 橋本裕志(「フレフレ少女」「愛してよ」)
キャスト カンニング竹山
佐々木蔵之介
與真司郎
忽那汐里
寺島しのぶ
柄本佑
日村勇紀
波瑠
吉田鋼太郎
キムラ緑子
升毅
佐野史郎
池内博之
大杉漣


公式HP http://syugotenshi.jp/index.html (日本)


ストーリー 一生出会うことがなかった“薄給サラリーマン・啓一“(カンニング竹山) と "天使のような女の子"(忽那汐里)。しかし啓一の“勝手な思い込み”から、一方的に運命の歯車が回りだしてしまう。 女の子がインターネットの裏サイトで狙われていると推察した啓一は、「ほっとけない」と勝手に護衛し、危険を知らせようと接触を試みたりする。幼馴染の“雀荘暮らしのチンピラ”(佐々木蔵之介) と“イケメンなのにヒキコモリ”(與真司郎)は「見当違いの勝手な妄想」と心配になり啓一を諭そうとするが、事態は女の子が猟奇殺人犯に誘拐される事件にまで発展してしまう。格差社会の落とし子3人組は、智恵と勇気を振り絞り、警察でも解決することができない難事件に敢然と立ち向かうことになるが…。

K’s Point 「キサラギ」の次はちょっとゆるめのラブサスペンスコメディ
小栗旬、小出恵介らイケメンたちが出演し、その完成度の高さから単館系上映作品ながら大ヒットを記録した「キサラギ」。その監督、佐藤祐市が次に選んだのはイケメンとは程遠い?カンニング竹山さん主演の原作もの。相変わらず計算されたシナリオは見事で、劇場には笑いが絶えない。しかし内容はわりとダークで、ハラハラドキドキのサスペンス感でグイグイと引きつける。前作に比べてちょっと計算はゆるく(あえてだろうが)、突っ込みどころも満載ではあるが、「やっぱりハズレないな!」と思わせてくれること間違いない。

K’s Point 存在感抜群の俳優とは?
出演シーンは少ないものの、とにかく印象に残るのは「寺島しのぶ」だ。主人公の鬼嫁を演じているのだがそのリアルさ?に釘付けだ。恐い、とにかく怖い! でも憎めないそのキャラをこれ以上にないほに演じきっている。また主人公の悪友?を演じる佐々木蔵之介の存在も素晴らしい。どうしようもない、けれど意外といいヤツを完璧に演じ、映画の質を高めている。もちろんカンニング竹山もいいけれど、脇を固める俳優たちも最高。彼らの演技をぜひ楽しんでもらいたい。



プライバシーポリシー