ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報



ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「スウィッチ」

もうひとりの自分。それは、殺人鬼の私―。
予測不可能な驚愕のラストに、フランス全土が震撼した
衝撃のサスペンススリラー!



(c) 2011 CARCHARODON - L&G - PATHE PRODUCTION-FRANCE 2 CINEMA - JOUROR -
TERCERA PROD

製作年度/国

2011年/フランス
原題 Switch

上映時間

1時間40分
日本公開

12月10日(土)新宿武蔵野館他 全国順次公開
配給会社

ブロードメディア・スタジオ
ジャンル

サスペンス、スリラー
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場

監督 フレデリック・シェンデルフェール(「スパイ・バウンド」)

脚本 ジャン=クリストフ・グランジェ(「クリムゾン・リバー」原作)

キャスト ソフィ カリーヌ・ヴァナッス
フォルジェ警部 エリック・カントナ

公式HP

http://www.publi-leparisien.fr/switch/ (フランス)
ストーリー モントリオール在住の25才のソフィは、仕事運にも男運にも恵まれず、一人きりのバケーションをどう過ごすかを考えていた矢先、知人に薦められ期間限定のアパート交換サイト“switch.com”を見つける。サイトで知り合った、パリ在住のベネディクトという女性のアパートと交換し、憧れのパリへと旅に出るソフィ。その夜、パリ7区にあるベネディクトのアパートで眠りにつくが、翌朝、異国の優雅なバカンスは悪夢へと変貌する。別の寝室で頭部のない男性の惨殺死体が発見され、ソフィは殺人容疑者ベネディクトとして逮捕されたのだ。警察に事情を説明するものの、凶器にはソフィの指紋が付着し、ベネディクト名義のパスポートには彼女の写真が貼られていた。このときソフィはすべてを悟った。見知らぬ殺人鬼にアパートのみならず、身元まで“スウィッチ”されてしまったことを…。何故自分なのか、ベネディクトとは一体何者なのか―。そして事件は猟奇性をはらんだ想像を絶する驚愕の真実へと繋がっていく…。



アパート交換サイトを利用して訪れた憧れのパリ。
翌朝目覚めると、部屋には頭部のない変死体が…。
凶器には自分の指紋、偽造されたパスポート。
そして、自分が以前から住んでいたと証言する周囲の人々。

このままでは、私の存在自体が交換【スウィッチ】されてしまう−。

若く美しいヒロインをロマンティックな旅に誘うきっかけとなるアパート交換サイトとは、実際に欧米では多くの旅行者が利用している“ホーム・エクスチェンジ”の一種。本作『スウィッチ』は、期間限定の自宅交換システムが、ごく平凡な女性を殺人の濡れ衣&身元乗っ取りの恐怖に陥れるという衝撃的な一作だ。恐るべきサイコキラーの罠にはまり、警察のお尋ね者となったソフィはパリの街を逃げまどい、体力&知力のすべてを振り絞って事件の自力解決を試みる。まさしく極限の孤立無援にして、究極の絶体絶命。全編がただならぬテンションに貫かれ、一寸先も予測不可能なフレンチ・サスペンススリラーの決定打がここに誕生した。


(c) 2011 CARCHARODON - L&G - PATHE PRODUCTION-FRANCE 2 CINEMA - JOUROR - TERCERA PROD
ソフィ役に抜擢されたのは、ケベックを拠点に活動する新進女優カリーヌ・ヴァナッス。まだ日本では無名の存在だが、『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の2009年作品『Polytechnique』で銃乱射事件に巻き込まれる女子学生を演じ、カナダのアカデミー賞たるジニー賞主演女優賞を獲得。折り紙付きの実力を備えた若手有望株の彼女が魅せる演技力&生命力の眩さには、誰もが見惚れずにいられないだろう。

取り逃がしたソフィを追跡しながら、執念深く事件の真相を探るフォルジェ警部に扮するのは、元マンチェスター・ユナイテッドの伝説的ストライカー、エリック・カントナ。サッカー界から映画界に転身し、巨匠ケン・ローチと組んだ『エリックを探して』も記憶に新しい大物スターが、演技開眼というべき渋い魅力を披露。随所に知性と人間臭さをのぞかせる圧倒的な存在感は、このうえなくフレンチノワールが似合うカリスマの輝きをまとっている。
(c) 2011 CARCHARODON - L&G - PATHE PRODUCTION-FRANCE 2 CINEMA - JOUROR - TERCERA PROD

監督は、『スパイ・バウンド』『裏切りの闇で眠れ』などデビュー以来一貫して猟奇犯罪や裏社会にまつわるテーマを探求してきた鬼才フレデリック・シェンデルフェール。またシェンデルフェール監督とともに脚本を練り上げたのは、『クリムゾン・リバー』の原作者ジャン=クリストフ・グランジェ。このミステリー界の大御所が、急展開に次ぐ急展開の果てに最後に突きつける“驚愕の真実”は、あらゆる観客が息をのむであろう奇想に満ちている。


プライバシーポリシー