ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「Sweet Rain 死神の精度」
  
iconicon

 ★ 特集ページへGO! 


製作年度/国

2007年/日本
上映時間

1時間53分
日本公開

2008年3月22日
配給会社

ワーナー・ブラザース
ジャンル

ファンタジー、ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督
筧昌也
原作 伊坂幸太郎 『死神の精度』(文藝春秋刊)
脚本 筧昌也
小林弘利(「L change the WorLd」「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」)
キャスト 千葉 金城武
藤木一恵 小西真奈美
かずえ 富司純子
藤田 光石研
阿久津 石田卓也
青山 村上淳
竹子 奥田恵梨華
大町 吹越満
公式HP http://www.shinigaminoseido.jp/ (日本)

ストーリー 千葉が現れるのは、人間が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定するのが彼の仕事。 仕事はさっさと済ませ、CDショップで“人類最大の発明品“として愛するミュージックを試聴するのが彼の最大の楽しみ。そんな彼の職業は・・・・死神。今日も雨の中、彼は待っていた。7日後に死を遂げることになっている新しいターゲットをーー藤木一恵。27歳。とあるメーカーの苦情処理係。仕事を終え疲れ果てた彼女が会社から出てきた。さあ、仕事の始まりだ・・・・
K’s Point 心温まる死神映画?!
死神と言えば、出来ればお会いしたくはない存在(金城君なら考えちゃうけど?)。でもどんなにお金持ちでも、王様の様に偉くても、全ての人が避けることが出来ないものは「死」だ。死神と黒い犬……と聞けばどう考えても観て「幸せ」になる映画とは思えない。しかし、この映画は「死ぬ前のたった7日間」を描くことで逆に、彼らが生きてきた背景や、人生の重み、そして何が一番大切なのかということを教えてくれる。3つの時代をわからせるための演出は多少、物足りなさも感じるが、それらをカバーするだけの力をもった俳優たちが集結。死神映画でありながら、雨がやんだ後に見る太陽のように温かく、前向きな余韻を残す作品に仕上がっている。
K’s Point 金城ファン必見の死神七変化!
ここに登場する死神は、全て都道府県の名前がコードネームとなり、ミュージックをこよなく愛すという設定。ルックスは通常、白シャツに黒いスーツだが、対象者によりそのキャラを変える。髪を短めにしたさわやか青年風、ヤクザ風など、いろんな顔の金城君を見る事が出来、金城ファンにはたまらない作品だ。また、新しい日本語についていけず会話がかみ合わない天然キャラがとてもお茶目。原作者である伊坂幸太郎氏が「金城武なら映画化OK」と言っただけあり、過去にないほど魅力的な死神が誕生している。
とはいえ彼の魅力はルックスだけではない。「彼は映画の世界を知り尽くしている。将来監督をされるんじゃないかと思うくらい」と監督に言わせるほど、映画に対する高い知識と情熱を持っている。そこも彼がアジア中からオファーされる魅力なのだろう。


   
        
プライバシーポリシー