ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 ★イチオシシネマ

    
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks LLC. All Rights Reserved







原題

Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間57分
日本公開

2008年1月19日
配給会社

ワーナー・ブラザース
ジャンル

クライム・サスペンス、ミュージカル
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 ・第80回 アカデミー賞 美術賞
ゴールデン・グローブ 作品賞・男優賞(ジョニー・デップ
                     (共にコメディ/ミュージカル部門) (2007年)
ナショナル・ボード・オブ・レビュー 最優秀監督賞 (2007年)

上映劇場 TOHOシネマズ梅田梅田ブルク7梅田ピカデリーTOHOシネマズなんば
なんばパークスシネマOSシネマズミント神戸神戸国際松竹MOVIX京都 他
http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/theater.html

監督
ティム・バートン(「バットマン」「スリーピー・ホロウ」)

原作 スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー『Sweeney Todd
 The Demon Barber of Fleet Street』 (Applause Theatre & Cinema Books 刊)

脚本 ジョン・ローガン(「グラディエーター」「ラスト サムライ」「アビエイター」)

製作 リチャード・D・ザナック(「狼たちの街」「ロード・トゥ・パーディション」)
ウォルター・F・パークス(「マイノリティ・リポート」「アイランド」)      他

キャスト スウィーニー・トッド ジョニー・デップ
ロヴェット夫人 ヘレナ・ボナム=カーター
ターピン判事 アラン・リックマン
ビードル・バムフォード ティモシー・スポール
アドルフォ・ピレリ氏 サシャ・バロン・コーエン
トビー エドワード・サンダース
アンソニー・ホープ ジェイミー・キャンベル・バウアー
ルーシー/物乞いの女 ローラ・ミシェル・ケリー
ジョハンナ ジェイン・ワイズナー

公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/ (日本)
http://www.sweeneytoddmovie.com/ (アメリカ)

ストーリー 物語の舞台は19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーの幸福な日々は、ある日突然打ち砕かれた。彼の幸せを妬んだ悪徳判事ターピンによって無実の罪を着せられ、監獄へと送られたバーカーは、15年後に脱獄を果たし、“スウィーニー・トッド”と名前を変えてフリート街へ戻ってくる。しかし、大家のミセス・ラベットから聞かされたのは、耳を覆いたくなるような妻と娘のその後。妻はターピン判事に追いつめられて毒をあおり、ターピンの養女となった娘はずっと幽閉されたままという。フリート街に再び開いた理髪店。商売道具のカミソリを手に、スウィーニー・トッドの復讐が始まる――!

K’s Point バートン×ジョニーが贈る、悪魔の果たし状
オリジナルがミュージカルということもあって、今度のジョニー・デップは歌う、歌う! 今やハリウッドを代表する名コンビとなったジョニーとティム・バートン監督は、組む度にそんな斬新な試みを提供してくれる。これまでにバートンがジョニーに演じさせた役のいでたちも風変わりなら、それぞれの作品の背景も奇妙なものばかり。独特の世界観でシニカルな笑いを提供してきた二人が、今回はやや趣を変え、恐ろしくも哀しいある男の復讐劇に挑戦した。復讐とは無関係の、何の因果関係もない人間まで斬って斬って斬りまくる、その行為は咎められないのか? 復讐が成し遂げらた時、私たちは果たして溜飲が下がる心持ちになるのか? シンプルで分かりやすいストーリーが投げ掛ける様々なクエスチョン。それに対する答えは、観る者によってまったく違ったものになっているのかも知れない。

K’s Point 誰もジョニーにはなれない
ふと思った、「例えばブラッド・ピットの演じた役はジョニー・デップにもさせられるが、ジョニーの演じた役をブラッドにさせることは出来るだろうか?」と(ここでブラッドを引き合いに出したのは、ジョニーと肩を並べるトップスターだからであって、他意は無い)。ジョニーが役を選ぶのではなく、役がジョニーを選ぶ――彼にはそう信じさせるに足る強烈な魅力が有る。それは特に、ティム・バートン監督作の時に色濃く出ているようだ。本作は、見た目だけで言うと「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」を思い起こさせる顔面白塗りだが、その外見ゆえのインパクトなのではない。圧倒的な演技力をもって表現する、憎しみに支配されている時の凄味や、カミソリをかざしながら歌う時のゾクゾクするほどの美しさ…。ジョニーにしか出せない、悪魔と化した男の悲哀。唯一無二のアクター、ジョニー・デップの、これは間違いなく真骨頂となるべき映画なのだ。


        
プライバシーポリシー