ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「砂時計」

iconicon


製作年度/国

2008年/日本
上映時間

2時間1分
日本公開

2008年4月26日
配給会社

東宝
ジャンル

ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督
佐藤信介(「いぬのえいが」「LOVE SONG」)

原作
芦原妃名子 『砂時計』(小学館刊)

脚本 佐藤信介(「いぬのえいが」「LOVE SONG」「県庁の星」「春の雪」)

主題歌 いきものがかり 『帰りたくなったよ』(エピックレコードジャパン)

キャスト 水瀬杏(大人時代) 松下奈緒
水瀬杏(中高生時代) 夏帆
北村大悟(大人時代) 井坂俊哉
北村大悟(中高生時代) 池松壮亮
月島藤(中高生時代) 塚田健太
月島椎香(中学生時代) 岡本杏理
月島椎香(大人時代) 伴杏里
植草美和子 戸田菜穂
水瀬正弘 風間トオル
佐倉圭一郎 高杉瑞穂
植草美佐代 藤村志保

公式HP http://www.sunadokei-movie.jp/index_pc.html (日本)

ストーリー 14歳の水瀬杏は、両親の離婚により、東京から母・美和子の実家である島根県に移る。当初は田舎独特の雰囲気と祖母の美佐代に馴染めないが、近所に住む同い年の大悟や藤、椎香と出会い、徐々に自分の居場所を見つけていく。そんな中、人生に疲れ果てた母が杏を残して自殺。杏は直前に自分が言った「頑張ろうね」という言葉が母の負担になったのではと、悲しみと後悔に暮れる。そんな杏を大吾は「おれが、ずっと一緒におっちゃるけん」と力強く抱きしめるのだった。
あれから12年。26歳になった杏は婚約者の佐倉と東京で暮らしていた。そして、同窓会に出席するため、数年ぶりにあの懐かしい街を訪れる。初恋の人・大悟が住む島根の街に……。



プライバシーポリシー