ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com




































特集

「激情版 エリートヤンキー三郎」完成披露試写会ご報告」



「ヤングマガジン」連載中の苦悩系アクションギャグ漫画『エリートヤンキー三郎』。
2/28(土)の公開に先駆け、アクの強い出演キャスト・監督をむかえ、「バカデミー賞!?」
と銘打って完成披露試写会が行われた!



完成を記念して、『バカデミー賞 (BAKADEMY SHOW)』が開催され、 紹介と共に元気よく登場したのは主演の石黒英雄。
その後に、小沢仁志、小沢和義、なだぎ武、竹内力とコワモテの面々の登壇に会場が悲鳴の渦に巻き込まれた。


石黒は「2年前に初めてこのドラマで主演をやらせて頂いて、自分にとってもとても思い入れの強い作品になっております。まさか、この作品が映画になるなんて思ってもみませんでした。この映画は、ドラマ以上にパワーアップした作品です。」とこの作品への思いを語った。


また、今回17歳、16歳を演じた小沢仁志と小沢和義は、「年齢は言わなくていいんだよ!!」と迫力あるコメント。 「テレビ東京に騙され、40を超えて特攻服をきるはめになり、今では(出演)したことをとても後悔しています。みなさんこのブザマな姿を見て楽しんでいってください。」と会場を盛り上がらせた。


そして、今回映画のオリジナルキャラを演じたなだぎ武は、レッドカーペットを歩かれていかがでしたか?という質問に、「いつもは、ゆかが動くカーペットを歩いているので今回は流されずに済むのでよかったです。ありがとういい映画です。」と恐怖の会場をなごませた。



この作品で鬼刑事を演じた竹内力は、「漫画を大きなスクリーンで見ているという感覚でみて頂けたら嬉しいです。」と迫力を見せつつこの作品への思いを温かく語った。


また、監督はこの賞をもらっていかがですか?という質問に「この賞をもらうためにこの仕事やってます。」とバカデミー賞受賞の気持ちを語った。



最後は、この作品ならではの“押忍カー像”の贈呈がそれぞれに送られ華やかなSHOWが幕を閉じた。 また囲み取材では「友近さんにチョコはもらいました?」という質問が出て、なだぎからは「藤原紀香にもらいました!」とビックリな発言も飛び出し、竹内力が「オレは友近にもらった」とジョークを飛ばし笑わせた。


本年度バカNO.1! 史上最笑ヤンキーギャグムービー誕生!夜露死苦!

「激情版 エリートヤンキー三郎」
非道の限りを尽くす2人の極悪ヤンキーを兄に持つ、内気な高校生・三郎の受難を描いた「ヤングマガジン」連載中の苦悩系アクションギャグ漫画『エリートヤンキー三郎』が、待望の映画化!
「ごくせん」シリーズを始めとして映画、ドラマに引っ張りだこの石黒英雄が、大河内三郎役で映画初主演。大河内一郎&二郎役の小沢仁志&小沢和義、河合星矢役の板倉俊之、石井武役の橋本じゅんらも2007年にTX系で放送されたドラマ版から再登板する。ヒロインの如月春菜には新星・山本ひかるが抜擢。なだぎ武、竹内力といったアクの強い顔ぶれも、ヤンキーを撲滅しようと画策する警視庁サイドで参戦を果たす。
監督は『地獄甲子園』を筆頭にトリッキーなギャグ漫画の数々を見事に実写化してきた鬼才・山口雄大。ストーリーは続編ではなくオリジナルで展開し、三郎の徳丸学園入学かそして、なんと仲間由紀恵が、三郎に神のお告げを伝えるシスター役で出演!!原作ともドラマとも一線を画す、21世紀を代表するハイパーヤンキーギャグムービーが完成した。


【CAST/STAFF】
原作/阿部秀司(講談社・ヤングマガジン連載)
監督/山口雄大
脚本/本田紀生
出演/石黒英雄、小沢仁志、小沢和義、山本ひかる、なだぎ武、竹内力 他
映画情報はこちら★

2月28日(土)梅田ブルク7ほか全国ロードショー!

プライバシーポリシー