ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「それでも生きる子供たちへ」
  
   iconicon  
  
原題 All the Invisible Children
製作年度/国 2005年/イタリア、フランス
上映時間 2時間10分
日本公開 2007年6月30日
配給会社 ギャガ・コミュニケーションズ
ジャンル ドラマ
カラーorモノクロ カラー
監督 「タンダ」…メディ・カレフ
「ブルー・ジプシー」…エミール・クリストリッツア (「アンダーグラウンド」)
「アメリカのイエスの子ら」…スパイク・リー (「ドゥ・ザ・ライト・シング)
「ビルーとジョアン」…カティア・ルンド (「シティ・オブ・ゴッド」共同監督)
「ジョナサン」…ジョーダン・スコット
          リドリー・スコット (「ブレードランナー」)
「チロ」…ステファノ・ヴィネルッソ
「桑桑(ソンソン)と小猫(シャオマオ)」…ジョン・ウー(「男たちの挽歌」)

脚本 「タンザ」…フィリップ・ブレロー
「ブルー・ジプシー」…ストリボール・クストリッツァ
「アメリカのイエスの子ら」…サンキ・リー
                  ジョイ・リー
「ビルーとジョアン」…カティア・ルンド(「シティ・オブ・ゴッド」共同監督)
「ジョナサン」…ジョーダン・スコット
「チロ」…ディエゴ・デ・シルヴァ
      ステファノ・ヴィネルッソ
「桑桑と小猫」…リー・チャン(「孔雀 我が家の風景」)

撮影 「チロ」…ヴィットリオ・ストラーロ(「地獄の黙示録」「ラスト・エンペラー」)

キャスト 「タンザ」 ビラ・アダマ
ハノウラ・カボレ
「ブルー・ジプシー」 ウロス・ミロヴァノヴィッチ
「アメリカのイエスの子ら」 ロージー・ベレス
ハンナ・ホドソン
アンドレ・ロヨ
「ビルーとジョアン」 フランシスコ・アナウェイク・デ・フレルタス
ベラ・フェルナンデス
「ジョナサン」 デヴィッド・シューリス
ケリー・マクドナルド
「チロ」 ダニエリ・ヴィコリト
エマヌエーレ・ヴィコリト
「桑桑と小猫」 ザオ・ツークン
チー・ルー・イー

公式HP http://kodomo.gyao.jp/

ストーリー スラムは遊び場に。ゴミ捨て場は冒険の場に。孤独な夜の冷たい寝床にも、コンクリートの谷間にも、擦り切れてしまった靴の底にだって、希望はある。大人たちでは挫けてしまう絶望的な時だって、ただひたむきに今日を生きる子供たち。心の底が温かくなる、生きる強さを与えてくれる、そんな物語――。7カ国の監督たちが贈る夢のコラボレーション。

K’s Point 7人の監督が子供たちに託した明日
生まれる国、家庭…自分では選べないものが、私たちの人生を大きく左右する。当たり前のように食べ、屋根の有る家で眠り、教育を受けられることの幸せ。大人がまず理解し、教えていかなければならないテーマの数々を、7人の名だたる監督がそれぞれの持ち味で表現している。彼らは可哀想な子供たちだと憐れんで、涙を誘っているわけではない。どんな苦境に立たされても力強く大地を踏みしめようとしている子供たちの姿に、明るい未来への希望を託しているのだ。

K’s Point 短編に集約された個性の中の、新発見
普段、長編映画を撮っている監督たちは、20分そこらの短編をどう調理するのだろう? それぞれの監督のファンにとっては、とても楽しみな部分である。そんな中、驚かされたのが、ジョン・ウーのエピソード「桑桑と小猫」。白いハトに二丁拳銃は当然封印しているが、それよりも作品そのもののタッチが違うことにビックリ。そしてその驚きの作品は、ラストを締めるエピソードに相応しく、感動と余韻を残してくれる。
プライバシーポリシー