ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「その名にちなんで」

 iconicon
                                    


原題

The Namesake
製作年度/国

2006年/インド、アメリカ
上映時間

2時間2分
日本公開

2007年12月22日
配給会社

20世紀フォックス
ジャンル

ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督
ミーラー・ナーイル(「カーマ・スートラ/愛の教科書」「モンスーン・ウェディング」)

原作 ジュンパ・ラヒリ『その名にちなんで』(新潮社刊)

脚本 スーニー・ターラープルワーラー(「サラーム・ボンベイ!」「ミシシッピー・マサラ」)

撮影 フレデリック・エルムズ(「ブルーベルベット」「ワイルド・アット・ハート」)

キャスト ゴーゴリ カル・ペン
アシマ タブー
アショケ イルファン・カーン
マクシーン ジャシンダ・バレット
モウシュミ ズレイカ・ロビンソン

公式HP http://movies.foxjapan.com/sononani-chinande/ (日本)
http://www.foxsearchlight.com/thenamesake/ (アメリカ)

a
ストーリー 故郷インドを離れアメリカで暮らすアショケとアシマ。「見合い」という出会いであったが、見知らぬ土地で戸惑いながらも愛をはぐくみ、最愛の子供を授かった。アショケはある想いをこめ息子にゴーゴリと名づける。インドの文化を守る親とは対照的にアメリカ生まれのゴーゴリはとても自由。古い文化や慣習など気にもせず、友達からからかわれる事を理由にゴーゴリという名前まで変えてしまう。しかし自分の名前の由来を知り……。二つの世代を通し、アイデンティティや家族の絆を描いた人間ドラマ。
K’s Point 全ての人がドラマを持っている……
「親の心、子知らず」「親孝行したい時には親はなし」……どこの国でも親と子供の関係は似たようなものだろう。親がくれる無償の愛は、子供にとって当たり前のようにそこにあるため、なかなか気づくことが出来ない。自分が親になった時、また親を失って初めて気づくものなのかもしれない。
慣習や文化が違っても、この普遍のテーマには誰もが自分を重ねる事が出来るだろう。全ての人がもつ名前、その名前に込められた想い、そして今当り前のようにここにいる自分というものについて考えさせられる作品だ。



  
プライバシーポリシー