ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ザ・シンプソンズ MOVIE」   ◆チョイオシシネマ







原題

The Simpsons Movie
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間27分
日本公開

2007年12月15日
配給会社

20世紀フォックス
ジャンル

コメディ、アニメ
カラーorモノクロ

カラー
監督

デヴィッド・シルヴァーマン(「モンスターズ・インク」(共同監督))
原作 マット・グローニング

脚本 ジェームズ・L・ブルックス(「愛と追憶の日々」「恋愛小説家」)
マット・グローニング(「シンプソンズ」(TV)(原作))
アル・ジーン(「俺がハマーだ!」(TV))
イアン・マクストーン=グレアム
ジョージ・マイヤー
デヴィッド・マーキン(「ロミーとミッシェルの場合」「ハートブレイカー」(共に監督))
マイク・リース
マイク・スカリー(「シンプソンズ」(TV)(製作総指揮))
マット・セルマン
ジョン・スウォーツウェルダー
ジョン・ヴィッティ

製作 ジェームズ・L・ブルックス(「ビッグ」「ローズ家の戦争」「ザ・エージェント」)
マット・グローニング(「シンプソンズ」(TV)(製作総指揮))
アル・ジーン
リチャード・サカイ(「ザ・エージェント」「サンキュー、ボーイズ」)
マイク・スカリー(「シンプソンズ」(TV)(製作総指揮))

音楽 ハンス・ジマー(「ライオン・キング」「プリンス・オブ・エジプト」「マダガスカル」)

声のキャスト ホーマー・シンプソン 他 ダン・カステラネタ
マージ・シンプソン ジュリー・カヴナー
バート・シンプソン/マギー・シンプソン 他 ナンシー・カートライト
リサ・シンプソン イヤードリー・スミス
モー 他 ハンク・アザリア
スキナー/ネッド/バーンズ/
シュワルツェネッガー大統領 他
ハリー・シェアラー
ラス・カーギル アルバート・ブルックス
コリン トレス・マクニール
グリーン・デイ グリーン・デイ
トム・ハンクス トム・ハンクス

声のキャスト ホーマー・シンプソン 所ジョージ
(日本語吹替版) マージ・シンプソン 和田アキ子
バート・シンプソン 田村淳
リサ・シンプソン ベッキー

公式HP http://movies.foxjapan.com/simpsons/ (日本)
http://www.simpsonsmovie.com/ (アメリカ)

ストーリー アメリカの田舎町スプリングフィールドのシンプソン家に、新しい仲間がやって来る。それは、ダメ親父のホーマーがバーガーショップで命を助けたブタだった。ところが、そのことがきっかけでホーマーは湖を環境汚染の危機に陥れ、スプリングフィールドは政府の完全隔離策で地図から存在を消されてしまう。町の人々の襲撃に遭い、一家はアラスカへと逃避行。しかし、ここでも相変わらずのホーマーに妻のマージは愛想を尽かし、子供たちと共にスプリングフィールドへ戻って行く。独り残されたホーマーは、家族とスプリングフィールドの平和を取り戻すため、一念発起するのだった。

K’s Point ギネスブック認定アニメ、待望の映画化
20年もの長きに亙ってアメリカ国民に愛されてきた超人気アニメが、やっと映画になった! 公開日を首を長〜くして待ってたファンにとっては、オリジナルの声優を使わないといった不満は拭えないものの(現在の洋画公開状況の問題点の一つである)、期待を裏切らないクオリティに仕上げたのはさすが。社会風刺のシニカルなギャグや、有名映画のパロディ(「タイタニック」のパロディでは人気バンドのグリーン・デイがひどいことに…)は、このアニメの名物。時代を反映した環境問題をベースに、恐ろしい政策を採る大統領にアーノルド・シュワルツェネッガーを配したり、ブラックユーモアが満載だ。そして、トラブルメーカーのシンプソン一家が、更にスケールアップしていろいろとやらかしてくれる。精神年齢が同じ10歳というホーマーとバート親子の、お馴染みのコミュニケーション(?)にもバカ笑い必須。



    
プライバシーポリシー