ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「処刑剣 14 BLADES」


賭けるものは己のプライド、信じられるものは14本の剣のみ!
そして最後の剣が、正邪を貫く!
ドニー・イェン主演、超絶ブレイド・アクション!歴史エンターテインメント超大作!!


 (C)Visualizer Film Production Ltd. All Rights Reserved.


原題

14 Blades
製作年度/国

2010年/中国
上映時間

1時間53分
日本公開

5月28日(土)シネマート六本木ほか全国順次ロードショー!

配給会社

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ジャンル

アクション
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場 シネマート心斎橋 他
http://shokeiken.com/theater.html

監督・脚本

ダニエル・リー(「ドラゴン・スクワッド」「三国志」)
撮影

トニー・チャン(「ドラゴン・スクワッド」「三国志」)
音楽

ヘンリー・ライ(「ドラゴン・スクワッド」「三国志」)
キャスト 青龍(チンロン) ドニー・イェン
ホア ヴィッキー・チャオ
砂漠の判事・天鷹幇(てんおうほう) ウーズン
チン親王 サモ・ハン
トゥオトゥオ ケイト・ツイ
玄武 チー・ユーウー
ジア ロー・ガーイン
ヨン ウー・マ
ジャオ ダミアン・ラウ
法王 チェン・カンタイ

公式HP

http://shokeiken.com/ (日本)
ストーリー 明王朝が誇る、秘密警察組織・錦衣衛(きんいえい)。孤児から冷酷で残忍な殺人マシーンへと育て上げられた彼らの指揮官・青龍は宦官・ジアから、帝が重臣・ジャオに与えた箱を奪い取れ、という密令を受ける。だが、それはジアがチン親王と共謀し、箱の中にある玉璽(ぎょくじ)を使い、中原地域を手中に収める策略だった。指揮官だけが持つことのできる<大明十四刀>を使い、任務を遂行しようとする青龍だったが、突然の侵入者の手によりジャオは殺害され、玉璽も奪い去られてしまう。一方、指揮官の座を狙う玄武は、ジアにそそのかされ仲間を裏切り、謀反の疑いがかけられた青龍の殺害を企む。そこにはチン親王の義娘であり、玉璽を奪い取った密偵のトゥオトゥオの姿もあった。
ジャオ殺害という無実の罪を着せられ、負傷した青龍が助けを求めにやってきたのは、鏢局(ひょうきょく)の「正義護送屋」だった。大金を手に、「自分を京城まで護送してほしい」という彼の依頼を頭目・ヨンは受け、娘のホアらとともに厳しい警戒網をくぐり抜ける。だが、行く手を阻む法王との戦いにより、彼が錦衣衛であることが発覚。仕事を降りると言うヨンに対し、青龍はホアを人質にして逃亡を図る。当初、半ば強引な青龍の態度に抵抗しながらも、彼の優しさや辛い過去を語る姿に触れ、次第に好意を抱き始めるホア。真実を知り、宿場町で出会った盗賊団リーダー“砂漠の判事” こと、天鷹幇の協力を得て、失われた自らの尊厳を取り戻そうと立ち上がる青龍。次第に忍び寄る、妖艶なトゥオトゥオの影。公文書に玉璽が押されれば、チン親王が来襲し、民が戦火の犠牲となってしまう。その前に、青龍は玉璽を奪還できるのか? さまざまな想いが交錯するなか、広大な砂漠を舞台にした壮絶な戦いが今、始まった!

世界最強のスター ドニー・イェンが、空を飛ぶ!地を蹴る!!悪を斬る!!!
「HERO」「レッドクリフ」に続く歴史エンターテインメント大ヒット作

運命に翻弄されながらも、常にクールなダークヒーロー・青龍を演じるのは今や、ジャッキー・チェンやジェット・リーを超え、アジアを代表する最強のアクション・スターに君臨するドニー・イェン。日本でも今年、「イップ・マン/葉問」「孫文の義士団」などの主演作が連続公開されるなど、2011年はドニー・イヤーといってもいいだろう。また、彼とともに逃避行を展開する可憐なチャオ・ホアには、「レッドクリフ」「少林サッカー」のヴィッキー・チャオ。彼らが旅の途中で遭遇する、盗賊“砂漠の判事・天鷹幇(てんおうほう)”には、台湾を代表するアイドル・ユニット「飛輪海(フェイルンハイ)」のメンバーとして絶大な人気を誇るウーズン。そして、青龍の命を狙う妖艶な悪女・トゥオトゥオには、「天使の眼、野獣の街」のミス香港出身、ケイト・ツイ。また、事件の黒幕であるチン親王を演じるサモ・ハンのほか、チェン・カンタイやダミアン・ラウ、ウー・マなど、往年のカンフー・スターらが顔を揃えるなど、新旧豪華キャストの共演が実現した!
監督は趙雲を主人公にした、前作「三国志」など、オリジナリティ溢れる設定と斬新な映像美で観客を魅了するダニエル・リー。実在した中国史上初の秘密警察をテーマに、今回も原案・脚本・美術を担当。また、撮影のトニー・チャンや音楽のヘンリー・ライなど、「三国志」チームがふたたび結集。また、ユエン・ウーピンの片腕としてハリウッドでも活躍する、クー・ヒンチウがアクション監督を担当。砂漠での人馬一体となったアクションや城砦での攻防戦など、スケール感溢れるアクションが繰り広げられる。
前代未聞のブレイド・アクション大作として仕上がった本作は、2010年旧正月シーズンに公開。ジャッキー・チェン主演作「ラスト・ソルジャー」とシーズン№1の座を争うほか、香港でも年間興収ランキング・トップテンに入る、大ヒットを記録している。

これを知れば更に楽しめる「処刑剣 14 BLADES」の世界

本作の原題でもある「錦衣衛(きんいえい)」とは、明朝初代皇帝である朱元璋(しゅげんしょう)が創設した、実在の秘密警察。設立時の彼らの基本職務は宮廷と儀式時の警護だったが、次第に秘密警察の意を帯びていく。また、主人公・青龍が助けを求め、ともに旅する「鏢局(ひょうきょく)」とは、明から清にかけて実在した運送業と警備業、保険業を兼ねた商売。主に金品や旅客の護送を請け負い、道中には用心棒が派遣される。安全のため、沿道の顔役にみかじめ料などを支払うことが多かったが、劇中のように荷を狙う盗賊に襲われることも少なくなかった。そして、物語のカギとなる「玉璽(ぎょくじ)」とは皇帝が用いる印章のことで、これが押された文書は絶対的なものとなる。ちなみに、青龍が持つ「大明十四刀」は映画オリジナルで、天・地・将・法・智・信・仁・勇と名付けられた8本の尋問用の剣とともに、6本の処刑剣から成り立つ。皇帝に背く者、政治を乱す者、法を曲げる者、国を売る者、同士討ちする者に対する剣。そして、14本目の柄には「奉天成仁」と彫られ、これは彼が任務を果たせなかったときに、自決するためのものである。



プライバシーポリシー