ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com













































■「西遊記」
  
   iconicon  
 



製作年度/国 2007年/日本
上映時間
日本公開 2007年7月14日
配給会社 東宝
ジャンル アドベンチャー、アクション、ファンタジー
カラーorモノクロ カラー

監督 澤田鎌作 (「天気予報の恋人 」TV)
製作 亀山千広
脚本 坂元裕二(「 世界の中心で愛をさけぶ 」)
キャスト 孫悟空 香取慎吾
三蔵法師 深津絵里
沙悟浄 内村光良
猪八戒 伊藤淳史
凛凛 水川あさみ
老子 大倉孝二
金角 鹿賀丈史
銀角 岸谷五朗
その他のキャスト 谷原章介
小林稔侍



公式HP http://www.saiyuki.jp/index.html

ストーリー 三蔵法師一行が立ち寄ったのは、草木の枯れた砂漠の町。王宮に招かれた一行は、魔法で醜い亀にされてしまった王様と王妃様を目の当たりに…。かつて緑豊かだったこの国に金角大王・銀角大王という恐ろしい兄弟妖怪が現れ、この国の緑とすべての財宝を奪い、王様たちに妖術をかけて去って行ったという。王女・玲美は三蔵たちに懇願し、金角・銀角を倒す旅に出かけることになる。砂漠を抜け、荒れ地を渡り、ようやくたどり着いた魔の山。そこは恐ろしい罠が仕掛けられた危険な山だった。そして、ついに金角・銀角が住むという山頂に着いた時、そこに待っていた予想外の真実。はたして悟空と仲間たちは、滅びかけた町を復活させることができるのか?
K’s Point 最強の敵 現る!
今回の見どころはやはり「絶対妖怪」と言われる金角・銀角と、三蔵法師御一行との対決。中でも銀角と孫悟空がある玉を取り合い闘うシーンは空中戦から地上戦まで、スピード感と笑いあふれる映像で楽しませてくれる。もう少し金角こと鹿賀丈史さんの見せ場が欲しかった気もするが、最強の敵はさすがに存在感を放っている。
果たして彼らは最強の敵に勝ち、再び緑あふれる町へと変えることができるのか?
K’s Point 「なまか」率いる香取慎吾の魅力
敵役が鹿賀丈史と岸谷五朗と聞いた時、正直、御一行様はこの二人の演技に食われてしまう(主役を奪われる)のではないかと心配した。が、そんな心配は不要だった。ドラマ「人にやさしく」から香取を知る監督、澤田鎌作は大阪で行われた舞台挨拶でこう語る。「香取慎吾は繊細さと大胆さと冷静さをもつ男。いわば宇宙人です」。香取慎吾という男は、普通の人間が思う以上の演技を毎回見せてくれるため飽きないのだと。その言葉があらわすように、香取慎吾は鹿賀丈史や岸谷五朗という存在感ある俳優と共にスクリーンに登場しても主役のオーラを放ち孫悟空になりきっている。「なまか」のリーダーとしてのカリスマ性は十分だ。
K’s Point 雨男は誰?
中国でのロケも雨にたたられ、国内でのロケも雨で急きょセットに屋根をつけ撮影したという本作。なんと公開初日には7月にしては過去最大級の台風に見舞われ大阪での舞台挨拶当日に新幹線が止まるというハプニングが発生。前日まで映画のキャンペーンでテレビに出まくり、前日は深夜まで「スマ・ステ」に出演していた香取慎吾さんと監督は新幹線を諦めバスで大阪入り。舞台挨拶にギリギリ滑り込みセーフで登場した。だが満席の会場に香取慎吾さんは全く疲れの色も見せず様々は質問に快く応えていく。そして渡された如意棒をかっこよく振り回しポーズまで決めてくれた。映画の中で、終盤に孫悟空が階段の上で如意棒を振り回すシーンがある。そこではドラマ時には出来なかった、空中で如意棒を浮かせるという大技を披露しているのでぜひチェックしてみてね!



     
プライバシーポリシー