ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「プラネット・テラー in グラインドハウス」   ★イチオシシネマ

iconicon





原題

Robert Rodriguez's Planet Terror
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間45分
日本公開

2007年9月22日
配給会社

ブロードメディア・スタジオ
ジャンル

ホラー、アクション
カラーorモノクロ

カラー
監督・脚本・
撮影・編集・
音楽

ロバート・ロドリゲス(「デスペラード」(監督・脚本・製作)「シン・シティ」)



製作総指揮 ボブ・ワインスタイン(「キル・ビル」「シン・シティ」)
ハーヴェイ・ワインスタイン(「キル・ビル」「シン・シティ」)

製作 エリザベス・アヴェラン(「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」「シン・シティ」)
ロバート・ロドリゲス(「デスペラード」「シン・シティ」)
クエンティン・タランティーノ(「デス・プルーフ in グラインドハウス」)

キャスト チェリー ローズ・マッゴーワン
レイ フレディ・ロドリゲス
ブロック医師 ジョシュ・ブローリン
ダコタ マーリー・シェルトン
JT ジェフ・フェイヒー
ヘイグ保安官 マイケル・ビーン
トニー レベル・ロドリゲス
マルドゥーン ブルース・ウィリス
アビー ナヴィーン・アンドリュース
ロミー ジュリオ・オスカー・メチョソ
タミー ステイシー・ファーガソン(ファーギー)
ジョー ニッキー・カット
ドクター・クレイン ハン・ヌエン
救急医療師 トミー・ニクス
上級警察官 トム・サヴィーニ
上級警察官カルロス カルロス・ガラルドー
スキップ スキップ・リーシング
双子のベビーシッター#1 エレクトラ・アヴェラン
双子のベビーシッター#2 エリーズ・アヴェラン
レイプ魔ナンバー1 クエンティン・タランティーノ
レイプ魔ナンバー2 グレッグ・ケリー
アール・マックグロウ マイケル・パークス
ラモーナ・マックグロウ ジェリーリ・ロメオ
マチェーテ ダニー・トレホ
神父 チーチ・マリン

公式HP http://www.grindhousemovie.jp/ (日本)
http://www.grindhousemovie.net/ (アメリカ)

ストーリー テキサスの田舎町。米軍基地で密かに行われていた生物化学兵器の取引中、科学者アビーが予備の試薬を隠し持っていたことが発覚。部隊長マルドゥーンは彼を追い詰め、実験装置に銃弾をぶち込んだ。そこから噴き出したガスは、人々を凶暴なゾンビ感染者へと変貌させていく。ゴーゴーダンサーを辞めたばかりのチェリーは、ゾンビの餌食となり、右足を喰いちぎられる。チェリーは再会した元カレのレイに助けられ、義足の代わりにマシンガンを装着、ゾンビや兵士に敢然と立ち向かうのだった…。

K’s Point メジャー監督たちのB級遊び
クエンティン・タランティーノ×ロバート・ロドリゲス――今やすっかりメジャー監督となった二人だが、カルト的な作風でファンを獲得した彼らは、一貫してそのスタイルを保ってきた。そんな持ち味そのままに、新しくて古いことに挑戦した作品が、「グラインドハウス」である。“グラインドハウス”とは、B級映画を2、3本立てで上映する映画館のことで、かつてアメリカで流行した。それを模して2本立てで作られたうちの、日本公開第2弾はロドリゲス監督の「プラネット・テラー」だ。フィルムの傷、音声の乱れなどを意図的に挿入し、雰囲気満点。お色気ベッドシーンを突然“フィルム喪失”のテロップで中断させ、話を少し飛ばすなど、その遊び心が心憎い。


K’s Point 本当は笑えるゾンビ映画
ホラー映画の人気ジャンルとなったゾンビ物。最近では「バイオハザード」シリーズのように、とことん震撼させるものも多いが、古典ゾンビ物は怖いながらも、どこかユーモラスな味わいも同居していた。時にある種の社会批判も込めたブラックでシニカルな笑いは、数々の特異なキャラクターで大ヒットした「バタリアン」(1985年)などへも受け継がれ、今またこうして新たな作り手によって、ブッ飛びゾンビ映画が誕生した。失った右足の代わりにマシンガンを装着して闘うインパクト大のヒロインほか、強烈な個性のキャラクターたちが大集合。笑いとハラハラドキドキの混ざりまくったアクションシーンに目が点、いや、釘付けだ。


K’s Point 闘うカップルは最高にクール!
オープニングで涙を流しながら踊るゴーゴーダンサー、チェリー。数日前にカレの元を去っていた彼女は、次に職を捨て、ついには右足を失う。悲しみしか残されていないようなチェリーに、再会した元カレ、レイはキッパリと言う、「頼みが有る。強くいてくれ」。ここからチェリーはメキメキと逞しさを増していく。襲いかかるゾンビを次から次へとなぎ倒していくこのカップルのカッコよさたるや! チェリーのセクシー・マシンガン・ダンスに男性陣は撃ち抜かれ、ゾンビに向かって行くレイの目ヂカラに女性陣はうっとりするのでは? 美男美女のクールな立ち回りは、「デスペラード」でアントニオ・バンデラスとサルマ・ハエックをブレイクさせたロドリゲス監督の得意技だ。演じるローズ・マッゴーワンとフレディ・ロドリゲスの今後の活躍にも自然と期待がかかる。


        
プライバシーポリシー