ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「オリヲン座からの招待状」

            
iconicon
    




製作年度/国

2007年/日本
上映時間

1時間56分
日本公開

2007年11月3日
配給会社

東映
ジャンル

ドラマ、ロマンス
カラーorモノクロ

カラー
監督 三枝健起(「MISTY」)
原作 浅田次郎(『オリヲン座からの招待状』)
脚本 いながききよたか
公式HP http://www.orionza-movie.jp/ (日本)



キャスト 豊田トヨ 宮沢りえ
仙波留吉 加瀬 亮
豊田松蔵 宇崎竜童
三好祐次(平成) 田口トモロヲ
豊田トヨ(平成) 中原ひとみ
三好良枝(平成) 樋口可南子
仙波留吉(平成) 仙波留吉(平成)
a
a
ストーリー 昭和30年代、先代の館主・豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れ、その弟子であった留吉(加瀬 亮)が、その志を引き継ぎ先代の妻・トヨ(宮沢りえ)と映画館を守る事となった。古い時代、周囲の人々からは師匠のかみさんを寝取った若主人、不義理な女将などと陰口を叩かれたりもした。さらには映画産業が斜陽になり始め、貧乏に耐えながらもひたすら映画を愛し、映画の灯を灯し続けた二人、そして何よりも純粋にお互いを思いやり、愛し続けたのだった。一方そんなオリヲン座を一番の遊び場としていた幼い子供がいた。二人は毎日映写室の小窓から名画を覗いて成長した。やがて大人になり、結婚して東京で生活を送っていたが、いつしかお互いを思いやる心を見失い、別れを決意していた。そんな祐次(田口トモロヲ)と良枝(樋口可南子)の元に、まるで何かを予感させる様に、一通の招待状が届くのだった。オリヲン座、そこは優しい奇蹟の宿る場所。                            


       
  




プライバシーポリシー