ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ONCE ダブリンの街角で」   ◆チョイオシシネマ

iconicon





原題

Once
製作年度/国

2006年/アイルランド
上映時間

1時間27分
日本公開

2007年11月3日   関西公開:2007年12月15日
配給会社

ショウゲート
ジャンル

音楽ドラマ、ラブ・ストーリー
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 第80回   アカデミー賞 歌曲賞
サンダンス映画祭 観客賞(2007年)
ダブリン国際映画祭 観客賞(2007年)
レインダンス映画祭 外国語映画賞受賞(2007年)
フランダース国際映画祭 ユース審査員アワード(2007年)
2Morrow映画祭 最優秀賞(2007年)
シカゴ映画批評家協会賞 作曲賞受賞(2007年)
ダラス―フォートワース映画批評家協会賞 ラッセル・スミス賞(2007年)
フェニックス映画批評家協会賞 主題歌賞「falling slowly」(2007年)
ロサンゼルス映画批評家協会賞 作曲賞(2007年)

上映劇場 梅田ガーデンシネマシネカノン神戸京都シネマ 他
http://oncethemovie.jp/theater.html

監督・脚本
ジョン・カーニー(「オン・エッジ 19歳のカルテ」(日本未公開))

キャスト グレン・ハンサード
マルケタ・イルグロヴァ
ティミー ドラマー ヒュー・ウォルシュ
ノード ギタリスト ゲリー・ヘンドリック
ベーシスト アラスター・フォーリー
エイモン ゲオフ・ミノゲ
男の父親 ビル・ホドネット
女の母親 ダヌシュ・クトレストヴァ
ヘロイン中毒者 ダレン・ヒーリー
ビル マル・ワイト
昔の彼女 マルチェラ・プランケット
ボブ ニーアル・クリアリー

公式HP http://oncethemovie.jp/ (日本)
http://www.foxsearchlight.com/once/ (アメリカ)

ストーリー ONCE、たった一度の出会い。ある日、ある時、ダブリンの街角で…。男と女は、恋か友情か、心の通じる相手を見つけた。男は穴の空いたギターを抱え、街角に立つストリート・ミュージシャン。女は楽器店でピアノを弾くのを楽しみにするチェコからの移民。そんな一見、何の接点もない二人を、音楽が結び付ける。言葉にできないもどかしさを音楽に乗せ、一緒に演奏する喜びを見つけた二人のメロディは重なり、心地良いハーモニーを奏でる。そんなどこの街角でも起こり得る普遍的な出会いが、静かに動き始める。

a
K’s Point 2館から140館へ……ストレートな歌詞が心に響く音楽映画!
アメリカで2館の上映から始まったアイルランド映画が、口コミで140館での上映まで広がった。その理由は、とにかく映画の大部分をしめる「歌」が素晴らしいこと。
男は失恋したばかり。彼女への恨みつらみも、言えなかった素直な言葉も歌にのせてなら伝える事が出来る。その歌に女は惹きつけられる。娘と母を抱え異国で働く女もまた、心に傷を負っていたから……そんな2人の心が通じたときに奏でられる音楽は、魂の叫びのように胸に響く。歌を歌える俳優ではなく、プロのミュージシャンを抜擢した点も成功の秘訣だろう。
男女のラブストーリーでもあるが、再生の物語でもある。彼の歌詞は、例え困難な道でも一歩前に踏み出そうという勇気を与えてくれる。



プライバシーポリシー