ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「オーシャンズ13」

    icon


原題

Ocean's Thirteen
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

2時間2分
日本公開

2007年8月10日
配給会社

ワーナー
ジャンル

コメディ、サスペンス
カラーorモノクロ

カラー
監督 スティーヴン・ソダーバーグ(「トラフィック」「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」)

製作総指揮 ジョージ・クルーニー(「オーシャンズ12」「グッドナイト&グッドラック」)
スティーブン・ソダーバーグ(「コンフェッション」「グッドナイト&グッドラック」) 他

脚本 ブライアン・コッペルマン(「ニューオーリンズ・トライアル」)
デヴィッド・レヴィーン(「ニューオーリンズ・トライアル」)

キャスト ダニー・オーシャン ジョージ・クルーニー
ラスティー・ライアン ブラッド・ピット
ライナス・コールドウェル マット・デイモン
テリー・ベネディクト アンディ・ガルシア
バシャー・ター ドン・チードル
フランク・カットン バーニー・マック
アビゲイル・スポンダー エレン・バーキン
ウィリー・バンク アル・パチーノ
バージル・マロイ ケイシー・アフレック
ターク・マロイ スコット・カーン
リビングストン・デル エディ・ジェイミソン
イエン シャオボー・クィン
ソール・ブルーム カール・ライナー
ルーベン・ティシュコフ エリオット・グールド
フランソワ・トゥルアー ヴァンサン・カッセル
ローマン エディ・イザード
グレコ ジュリアン・サンズ
オプラ・ウィンフリー オプラ・ウィンフリー

公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/ (日本)
http://oceans13.warnerbros.com/ (アメリカ)

ストーリー ラスベガスで暗躍してきた犯罪チーム“オーシャンズ”の一員のルーベンが、ひどい裏切りに遭い、ショックのあまり心筋梗塞で危篤になってしまった。目には目を――裏切った張本人バンクへの報復を誓ったオーシャンズの面々は、宿敵ベネディクトをも味方に付け、ルーベンも事業に関わるはずだったバンクのホテルを破綻させるという壮大なプロジェクトに乗り出すのだった。

K’s Point テーマはリベンジ
「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」と続いてきたシリーズ第3弾は、仲間のためにリベンジする義理堅いオーシャンズを描いている。そのチームリーダーを演じるジョージ・クルーニーは、前作「オーシャンズ12」の時から製作総指揮の顔も持つ。その“12”があまり評価を得られなかったこともあり、これで終わるわけにはいかないと奮起したクルーニーは、再びチームを集め、本作を作ったのである。リベンジをテーマにした映画製作の理由も、まさにクルーニー自身のリベンジだったというわけだ。

K’s Point 昔懐かしい小粋なテイスト
オープニングから漂う何だか懐かしい雰囲気。音楽といい、場面転換の際の映像の切り替わりといい、オーシャンズが作戦遂行していくプロセスの見せ方といい、まるで'60〜'70年代のTVドラマを見ているようだ。当時は、「0011ナポレオン・ソロ」「スパイ大作戦」「ベガス」といったスパイ物、探偵物が席捲したドラマの黄金期。粋でオシャレなヒーローたちが、その魅力をブラウン管に振りまいていた。そのテイストがここではたっぷりと味わえる。ハイテク時代にあって、古典的な手法で敵をおとしめていくのが何とも小粋ではないか。



  
プライバシーポリシー