ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「モーテル」   ◆チョイオシシネマ

iconicon







原題

Vacancy
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間25分
日本公開

2007年11月17日
配給会社

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ジャンル

サスペンス、ホラー
カラーorモノクロ

カラー
監督
ニムロッド・アーントル

脚本 マーク・L・スミス

キャスト エイミー・フォックス ケイト・ベッキンセイル
デビッド・フォックス ルーク・ウィルソン
メイソン フランク・ホエーリー
自動車修理工の男 イーサン・エンブリー

公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/vacancy/ (日本)
http://www.sonypictures.com/homevideo/vacancy/ (アメリカ)

ストーリー 離婚寸前の夫婦デビッドとエイミー。気まずい雰囲気の中、実家から遠路ドライブしてきたのだが、車が故障してしまう。辺りには人家もない田舎道。困り果てた彼らは、歩いて1軒のモーテルに辿り着く。気持ちを更に滅入らせるほどに薄汚れた部屋で、二人はビデオテープを見つける。再生してみると、そこには残虐な殺人シーンが。最初は映画だと思っていた彼らは、そこに映っている部屋が、今まさに自分たちが泊まっている部屋だと気づくのだった…。

K’s Point ガイドブックに載っていない宿
これは犯人探しの映画ではない。怖がらせることを徹底的に追求した映画である。冷え切った間柄の夫婦の行動は、最初まったくかみ合わない。まず、その段階でかなりイライラさせられる。この瞬間から私たちは、モーテルに閉じ込められた恐怖を味わうためのアトラクションに乗り込んだのだ。彼らの無謀かつ突発的な行動が、もはや彼らと同じ宿泊客(の気持ち)となった私たち観客を、不利な状況へと追い込んでいく。次々と襲いかかる危険を、どうにかすり抜けていくのだが、ここから脱出することなど不可能だという絶望感に襲われる。私たちもビデオテープの中の惨劇の主人公となってしまうのか?! そんな恐怖のテンションは最後までしっかり保たれる。アルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ」の殺人鬼ノーマン・ベイツを思い起こした人には嬉しい、古典スリラーの味わいのタイトルバック(ソウル・バス風)も、疑似体験気分を盛り上げるのに一役買っている。



  
プライバシーポリシー