ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ミス・ポター」

 



原題 Miss Potter

製作年度/国 2006年/イギリス、アメリカ

上映時間 1時間33分

日本公開 2008年9月15日

配給会社 角川映画

ジャンル ドラマ、伝記

カラーorモノクロ カラー

監督 クリス・ヌーナン(「ベイブ」)

脚本 リチャード・マルトビー・Jr

製作総指揮 レニー・ゼルウィガー

キャスト ビアトリクス・ポター レニー・ゼルウィガー
ノーマン・ウォーン ユアン・マクレガー
ミリー・ウォーン エミリー・ワトソン
ルバート・ポター ビル・パターソン

公式HP http://www.excite.co.jp/cinema/miss-potter/(日本)

ストーリー 111カ国で一億部のベストセラー、青いジャケットを着た世界で一番有名なうさぎといえばピーター・ラビット。その生みの親であるビアトリクス・ポターの半生を丁寧に描いた物語。
時は1902年、ロンドン。良家の子女として生まれたポターは、上流社会の女性が仕事を持つなんて許されなかった封建的な時代に、絵本を出すというアーティストとしての夢をかなえる。そして初めて心から愛する男性ノーマンとめぐりあい、永遠の愛を誓うが……。

K’s Point 良家の子女だからこそ
そもそも裕福な家庭に育ったポター。そんな彼女に何の苦労があったのだろう?初めはそう思っていた。しかし裕福であるからこその不自由がそこにはあった。女性は家のため好きでもない男性と結婚するのが当たり前だった時代に、自分の意思を通し、夢をかなえたポターには、どんな言葉や視線にも負けない強さがあった。「愛」を信じ、「夢」を信じ、自分の意思を貫く女性像は、現代の女性からみても凛とした美しさを感じる。苦しみや悲しみを乗り越え、真の優しさを知ったポターだからこそ、世界の人々に愛される絵本を作りだすことができたのだろう。

K’s Point 湖水地方でのロケが実現
今でもピーター・ラビットの舞台として多くの観光客が訪れるイングランドの湖水地方。ポター自身が購入し農場を経営、のちに遺言でナショナル・トラストに寄付したこの地は当時の景色がそのままに残されたとても美しい場所だ。その他にもピーター・ラビットゆかりの地で実際にロケを敢行。スクリーンに映し出される景色と、動き出すピーターたちのかわいらしいアニメーションが、なんとも温かく優しい気持ちにしてくれる。レニー・ゼルウィガーが自ら製作まで行った作品だけあり、演技も文句なしの作品に仕上がっている。




    
プライバシーポリシー