ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「L change the WorLd      

iconicon




製作年度/国

2007年/日本
上映時間

日本公開

2007年2月9日
配給会社

ワーナー
ジャンル

サスペンス、アクション、ミステリー
カラーorモノクロ

カラー
監督
中田秀夫(「リング」「仄暗い水の底から」「ザ・リング2 」「怪談」
原作 大場つぐみ
小畑健
脚本 小林弘利(「 ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 」「Sweet Rain 死神の精度」)
共同脚本 藤井清美
音楽 川井憲次( 「セブンソード」「墨攻」「DEATH NOTE デスノート 前編」
キャスト 松山ケンイチ
久條希美子 工藤夕貴
二階堂真希 福田麻由子
駿河秀明 南原清隆
BOY 福田響志
三沢初音 佐藤めぐみ
二階堂公彦 鶴見辰吾
的場大介 高嶋政伸
その他のキャスト 平泉成
石橋蓮司
藤村俊二
公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/L-movie/
ストーリー 描かれるのは、「L、最期の23日間」。誰もが知りたかった謎が、ついに明かされる!
これこそまさに、誰もが待っていた必然のスピンオフと言っていい。「デスノート」で主人公・夜神月=キラと熾烈な頭脳戦を繰り広げたもうひとりの天才「L」。キラ事件に決着をつけるため、自ら究極の選択をしたLに残されたのは、「23日間」という最期の時間。Lの決断から衝撃のラストシーンへと至るその23日間に、一体何があったのか。「デスノート」には描かれなかった濃密な空白。誰も知らなかった、そして誰もが知りたかったL、最期の23日間。その謎のすべてが、ついにいま明かされる!
a
a
K’s Point 「世界を変える」 同じ言葉が生みだす新しいL
「デスノート the Last name」で、最期に「微笑」のような表情を浮かべたL。命が消えるまでのタイムリミットは23日。彼は一体何をし、そして何に微笑んだのか……その点にスポットを当てて作られた新たなストーリーが今、ベールを脱ぐ。今度の敵は人間の手で作り出された「死神」。そしてその「死神」を手にした者たちが口にした「世界を変える」という言葉こそ、最大の敵、夜神月(ライト)が口にした言葉だった。 しかし言葉は同じでもLの行動は違った。最大の理解者であったワタリ亡きあと、限られた時間で解決する術……それは何と「アウトドア派」になることだった?!走るL、ママチャリに乗るL、電車に乗るL(しかし猫背や甘いもの好きは変わらない)……今まで観た事のない新しいL像が誕生した。
K’s Point 松山ケンイチ、ラスト「L」
「デスノート」でLを演じるまでは、街に出てもほとんど誰にも気付かれないフリーターのようだった……と松山ケンイチは語る。「ごくせん」の再放送で「え?松山ケンイチ出てたの?」と思った人も少なくないはず。その他大勢の中から、一躍スターの座へと押し上げた「L」という存在に対して、松山ケンイチの思い入れは計り知れない。そんなLを演じる最後というだけあり、納得いかない点は監督と納得するまで話し合ったという。その甲斐あり、どんな顔を見せても「L」の軸は決してぶれる事はない。今後、主演作が目白押しの若手NO.1俳優、松山ケンイチの原点とも呼べる「L」。その最期をその目で目撃せよ!

        
  
プライバシーポリシー