ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「恋とスフレと娘とわたし」


 (C)2006 Gold Circle Films,LLC All rights reserved.






原題

Because I Said So
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間42分
日本公開

2007年9月1日   関西公開:2007年9月15日
配給会社

東北新社
ジャンル

ラブ・コメディ
カラーorモノクロ

カラー
監督 マイケル・レーマン(「ハドソン・ホーク」「好きと言えなくて」)

脚本 カレン・リー・ホプキンス(「悲しみよさようなら」「グッドナイト・ムーン」)
ジェシー・ネルソン(「ストーリー・オブ・ラブ」「I am Sam アイ・アム・サム」)

キャスト ダフネ ダイアン・キートン
ミリー マンディ・ムーア
ジョニー ガブリエル・マクト
メイ パイパー・ペラーボ
ジェイソン トム・エヴェレット・スコット
マギー ローレン・グレアム
ジョー スティーヴン・コリンズ

公式HP http://www.love-souffle.jp/ (日本)
http://www.becauseisaidsomovie.com/ (アメリカ)

ストーリー 女手一つで娘3人を育て上げたダフネ。姉娘たちは無事嫁いで行ったが、恋愛に失敗してばかりの末娘ミリーが心配でたまらない。そこでダフネは、内緒で花婿募集の広告をネットに掲載。何人も面接した結果、眼鏡にかなった男を自然な形でミリーに出逢わせるよう、画策するのだが…。

K’s Point 子離れ推奨映画
女優ダイアン・キートン。もちろん演技は申し分なく、60歳を過ぎた今でも見事なプロポーションと、チャーミングな着こなし。あんな風に年齢を重ねたいと思わせる憧れの女性……なのだが、この役をさせるには、彼女はもったいな過ぎると言わざるを得ない。同じラブコメでも、「赤ちゃんはトップレディがお好き」や「恋愛適齢期」のダイアンは活き活きと輝いていて、彼女が演じてこそだった。しかし、本作のダイアンはただのうっとうしいオバチャンでしかない。携帯電話に複数で同時に喋れる会議機能まで付けて、末娘のデート中に他の2人の娘も交えて電話したり、デート現場を尾行したり…。観ていて「頼むからいいかげん子離れしてくれ」と何度叫びたくなったことか。末娘を演じるアイドル歌手マンディ・ムーアの歌唱シーンも、ムリヤリ入れたようなわざとらしさがやや気になった。彼女と恋に落ちるミュージシャン役のガブリエル・マクトの魅力と、ゴールデン・レトリバーの可愛さが救いか。



    
プライバシーポリシー