ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com













































■「恋するマドリ」       
       
 iconiconicon   




製作年度/国 2007年/日本
上映時間
日本公開 2007年8月18日
配給会社 シネカノン=オフィス・シロウズ
ジャンル ロマンス、青春
カラーorモノクロ カラー

主な受賞歴 ・ブルーリボン賞 新人賞(新垣結衣)

監督 大九明子(「意外と死なない」)
原案 筧昌也
脚本 大九明子(「意外と死なない」)
キャスト ユイ 新垣結衣
タカシ 松田龍平
アツコ 菊池凛子
その他の出演 中西学
ピエール瀧
江口のりこ
矢部太郎
廣田朋菜
マリエ
十貫寺梅軒
有福正志
世良公則
公式HP http://www.koisurumadori.com/(日本)


ストーリー 同居していた姉が突然、出来ちゃった結婚! 美大生のユイは期待と不安を胸に初めての一人暮らしを始めるが……。
階上に住むタカシや、元の部屋住人であるアツコらとの運命の出会い?を通じ、ヒロインが成長する姿を描くラブストーリー。
K’s Point 初主演・新垣結衣はまさにユイだった
沖縄出身であり、絵がスキというユイはまさに新垣結衣ちゃんそのもの。初主演ながら自然体の演技がとてもみずみずしい。
初めての一人暮らし、それは何かが起こりそうな期待と不安が入り混じる。素敵な人との出会いがあったりして?そんな気持ちは誰もが感じたことがあるはず。(って現実は松田龍平君がいる事はないが) そんな想いと、初恋に近いビター&スィートな切なさが描かれ、かわいい映画となっている。女性監督、大丸明子が大好きな言葉らしい「にっこり」。随所に登場するその言葉のとおり、とにかく新垣結衣ちゃんのかわいさには「にっこり」だ。
K’s Point もっと見たかった・・・
インテリア雑貨のFrancfrancが15周年を記念して企画されたのがこの作品。そのため家具やインテリアなどかわいいグッズが楽しめる、はずなんだが・・・確かにかわいいグッズも登場するが、もっと見たかったという物足りなさが残る。また部屋のマドリはイマイチわからず?せっかくの美大生という設定もあまりいかされていない。(もっと部屋が個性的でもいいのでは?) 
女性監督なんだからもっと「かわいさ」を全面に出しても欲しかった……
しかし女心の細かい演出やカジュアルファンシーな衣装などは、女性監督ならでは。切ないながらも優しさを感じさせてくれる温かい仕上がりだ。

      

     







プライバシーポリシー