ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「クヌート」

    
(C)Dokfilm Fernsehproduktion (C)Zoo Berlin

北極では氷原が減少し、ベラルーシの森林には開発が迫る。
そしてベルリンでは育児放棄されたクヌートが…。
小さな“奇跡の命”が伝える、地球へのメッセージ。


原題

Knut und seine Freunde
製作年度/国

2008年/ドイツ
上映時間

1時間32分
日本公開

2009年7月25日   ドイツ公開:2008年3月6日
配給会社

角川映画
ジャンル

ドキュメンタリー
カラーorモノクロ

カラー
監督 マイケル・ジョンソン

脚本 テレザ・アルト
マイケル・ジョンソン

監修 小宮輝之

構成 塩野米松

日本語版ナレーション 藤井フミヤ

公式HP http://www.cinemacafe.net/official/knut-movie/ (日本)
http://knut-und-seine-freunde.de/ (ドイツ)

ストーリー 2006年12月にドイツ・ベルリン動物園で誕生。生まれて間もなく母クマの育児放棄から、世界でも例の少ない人工哺育されたホッキョクグマ・クヌート。一緒に生まれた双子の兄弟は残念ながら生後4日目に死亡するが、動物園の飼育係や獣医らに命を救われたクヌートは順調に成長し、その愛くるしい姿が一般公開されると、ひと目その姿を見ようと動物園には多くの人びとが連日押し寄せる大騒動となった。
連日クヌートの成長がニュースとして発信され、クヌート人気はドイツのみならず世界中に広まった。クヌート効果で動物園の年間来場者数は倍増し、ついにはアメリカの雑誌「Vanity Fair」の表紙を飾る(撮影は世界的有名な写真家アニー・リーボヴィッツ)までに。本作には、誕生から約半年間のクヌートの成長と、昨年病気により急死した”クヌートの育ての親“ トーマス・デルフラインを始めとする飼育員や獣医たちが、試行錯誤を重ね懸命にクヌートを育てる、メモリアルな映像が収められている。




  
プライバシーポリシー