ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com













































■「傷だらけの男たち」     ◆チョイオシシネマ  

iconicon  
     
        

原題 傷城 CONFESSION OF PAIN
製作年度/国 2006年/香港
上映時間 1時間51分
日本公開 2007年7月7日
配給会社 エイベックス・エンタテインメント
ジャンル サスペンス、犯罪
カラーorモノクロ カラー

監督 アンドリュー・ラウ(「インファナル・アフェア」シリーズ、「デイジー」)
アラン・マック(「インファナル・アフェア」シリーズ)
脚本 フェリックス・チョン (「 頭文字(イニシャル)D THE MOVIE)」」)
アラン・マック(「インファナル・アフェア」シリーズ)
キャスト ラウ・チンヘイ トニー・レオン
ポン 金城武
フォン スー・チー
スクツァン シュー・ジンレイ
チョイ チャップマン・トウ
公式HP http://drywhisky.com/

ストーリー 2003年、クリスマス。香港のバーで凶悪な犯罪者を監視する2人の刑事がいた。物静かなヘイと、彼をボスと呼び、慕うポン。凶悪犯罪者を捕まえ帰宅したポンは愛する女性の変わり果てた姿を発見する。彼女のお腹には新しい命が宿っていた。
3年後、失意の末、アルコール依存症の私立探偵になり下がっていたポンとは対照的に、ヘイは億万長者・チャウの娘スクツァンと結婚し幸せな家庭を築いていた。だがチャウが何者かに惨殺される。スクツァンは父親の死に疑問を抱き、ポンに調査を依頼する。殺人事件のからんだ糸を解いた時、悲しくもせつない衝撃の真実が浮かび上がる……。
K’s Point 「インファナル・アフェア」に続きハリウッド・リメイク決定!
アカデミー賞作品賞に輝いた「ディパーテッド」。その素晴らしい出来もオリジナル作「インファナル・アフェア」には到底かなわなかった。それはアジアならではの「仏教感」とでもいうべき世界観がアンドリュー・ラウ&アラン・マックの作品にはあるからだ。「インファナル・アフェア」でのテーマと言える「無間道」は「地獄」を意味し、2人の男の生きている限り終りのない苦しみが見事に描かれていた。本作も「宿命」「因果応報」「罪と罰」といった輪廻的テーマが感じられ、サスペンス色よりも人間ドラマの要素が強い。
癒しようのない「傷」を受けたとき、人はどのように生きればいいのか……2人の男がたどり着く悲しみの先にあるものとは?


K’s Point 美しい映像と、絵になる2人の男たち
冒頭5分が面白い映画に失敗はない。この自論はやはり正しかった。イルミネーションが美しい香港の街に2人の男がいる。季節や職業が一瞬で紹介され、2人のセリフにそれぞれのキャラクターが現れる。そして始まる車による犯人追跡劇。その映像のすばらしさにすぐに引き込まれる。撮影監督出身のアンドリュー・ラウ監督ならではだ。冒頭に感じた「この作品は面白いのでは?」という期待は決して裏切られる事はない。
初めての悪役に挑戦したトニー・レオンと、アルコール依存症という難しい役を演じた金城武。この2人がとにかく絵になり魅力的だ。「傷だらけの男たち」という邦題、そして香港映画(=ジャッキー・チェンというイメージ?)は女性は敬遠しがちかもしれないが、ビジュアル的にも内容的にもぜひ女性にも観てほしい作品である。

 
   
プライバシーポリシー