ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com













































■「吉祥天女」       
  
iconicon    
 
                              

製作年度/国 2006年/日本
上映時間 1時間56分
日本公開 2007年6月30日
配給会社 キュービカル・エンタテインメント
ジャンル ミステリー、ロマンス、ファンタジー
カラーorモノクロ カラー

監督 及川中 (「 富江 BEGINNING)」「富江 REVENGE 」)
原作 吉田秋生(吉祥天女」)
脚本 及川中 (「 富江 BEGINNING)」「富江 REVENGE 」)
キャスト 鈴木杏
本仮屋ユイカ
勝地涼
市川実日子
深水元基
津田寛治
江波杏子
公式HP http://kisshohtennyo.jp/

ストーリー 昭和45年、春、金沢。平凡な高校生、由似子のクラスに美しい転校生、小夜子がやってくる。小夜子は多数の土地を所有する叶家の娘であったが、5歳の時から親戚の家に預けられていた。叶家の土地を狙う遠野家の息子、暁は政略結婚をさせられるはずが、いつしか本当に小夜子に惹かれていく。遠野家の養子である涼もまた小夜子に強く惹かれていくのだった。「天女伝説」にまつわる遠い過去からの因縁、狂い始めた歯車はやがて悲劇をもたらしていく……。
K’s Point 妖艶でミステリアス……鈴木杏は「小夜子」であった!
元気、活発、そんな役どころが多かった鈴木杏。演技力は定評があるものの、妖艶で男女ともに一目みたら心奪われる女性「小夜子」とはイメージが違うと感じた方も多いだろう。本人でさえ、台本を読んだ時、小夜子との共通点は1ミリもないと思ったという。が、しかし、鈴木杏はまさに「小夜子」でだった!大きな瞳に全ての感情を映し出し、ぞくっとするほどの存在感を発揮している。「小夜子」の存在が作品の生死を決めるといってもいい程のキャラクター。彼女のキャスティングは大成功だ。
K’s Point 小夜子をとりまく魅力的な男たち
「亡国のイージス」で真田広之や佐藤浩市といった大物俳優と共演。その中でも一際強い印象を残した若手実力派俳優、勝地涼(同作で第29回日本アカデミー賞新人賞を受賞)。今回の役どころ「涼」は、両親を亡くし親戚の遠野家の養子になった孤独な青年。実は秀才なのだが、目立たぬ様わざと悪ぶっている姿を目と表情で演じ、久々に?かっこいい勝地君に出会える。また小夜子の運転手役を演じる津田寛治が、渋く、全てを包み込む様な大人の男としてとても魅力的だ。「天女の衣に触れた女は幸せになるが、一方、これに触れた男には祟りがある……」。はたして男たちの運命はいかに?


     







プライバシーポリシー