ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「キス&キル






(C) 2010 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
      

完璧なはずの結婚に、問題がひとつ―。
夫がスパイ、でも、愛してること。


“新”ラブコメの女王 キャサリン・ハイグル
次世代を担う、頭脳派ツイッター王子 アシュトン・カッチャー  
ハリウッドが注目する実力派スター2人による、
不器用だけど、誰もが応援したくなる<身分違い>な恋

ロマンティックコメディの2大スター、キャサリン・ハイグルとアシュトン・カッチャーの初顔合わせが、ついに実現!イギリス、フランスで初登場No.1に輝いた『キス&キル』は、チャーミングでキュートなふたりの魅力に満ちあふれた最高のエンタテインメント。
キャサリン・ハイグルは、人気テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」シリーズで大ブレイクし、エミー賞を獲得した31歳。テレビで人気を得た俳優が映画界に進出するのは困難といわれるハリウッドで、彼女は楽々とそのハードルを飛びこえてみせた。この3年間に出演した映画『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』(08)、『幸せになるための27のドレス』(08)、『男と女の不都合な真実』(09)はいずれも大ヒットを記録し、メグ・ライアン、ジェニファー・アニストンらに続く次世代ロマンティックコメディの女王と呼ばれ、注目を集めている。
彼女が恋に落ちる〈理想の男性〉に選ばれたのは、『ベガスの恋に勝つルール』(08)、『バレンタインデー』(10)など、これまでにもラブコメに出演しては大ヒットをさせてきた実力派スター、アシュトン・カッチャー。アクション、コメディ、ラブストーリー、スリラーなど、幅広いジャンルで活躍してきた多才な彼は、アクションとラブストーリーの2つのジャンルが見事に共存していることに惹かれ、本作への出演を決めたという。彼は、この映画でプロデューサーも務めている。

ラブストーリーの名手、『キューティ・ブロンド』のロバート・ルケティックが挑む本格ラブアクション!

本作の監督を務めるのは、ハイグルが『男と女の不都合な真実』(09)でコンビを組んだロバート・ルケティック。監督デビュー作『キューティ・ブロンド』(02)を世界中で大ヒットさせたルケティックは、女性のハートをつかむ作品を贈り続けてきたラブコメディの第一人者。『キス&キル』では、初めて本格的なアクションに挑戦。「ロマンス、コメディ、サスペンスをミックスした映画を手がけてみたいと、ずっと思ってきた。これらのジャンルをうまくブレンドするのは、とても難しい。この脚本には、アドベンチャーもあれば、コメディの要素もある。たちまち気に入ったよ」と、ルケティックはこの脚本に惹かれた理由を語る。
笑いやジェームズ・ボンド映画の雰囲気も散りばめた本作だが、一番の軸となるのは、ジェンとスペンサーのラブストーリー。理想的なバカンスの地で、夢のような恋に落ちたふたり。おっとりしたお嬢様と腕利きの元・スパイという、まるで〈身分違い〉の男女を結びつけるのは、お互いへの強い愛しかない。突然襲いかかった大きな危機を、ふたりは乗りこえることができるのだろうか?夫がついていたウソを、妻は許すべきなのか?カッチャーとハイグルの相性が抜群なだけに、観客は、彼らの命はもちろん、ふたりの関係も壊れないでほしいと、終始ハラハラ、ドキドキし続けるはず。この冬オンリー1の恋愛映画はまた、この冬ナンバー1のスリルをも与えてくれるのだ。

原題

Killers
製作年度/国

2010年/アメリカ
上映時間

1時間41分
日本公開 2010年12月3日(金)TOHOシネマズ有楽座他全国ロードショー

関西公開:2010年11月6日

配給会社

ギャガ
ジャンル

ロマンス、コメディ、アクション
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場 TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、なんばパークスシネマ、
TOHOシネマズ二条、MOVIX京都、OSシネマズミント神戸 他
http://kisskill.gaga.ne.jp/theaters/

監督 ロバート・ルケティック(「キューティ・ブロンド」「男と女の不都合な真実」)

原案 ボブ・デローサ

脚本 ボブ・デローサ
T・M・グリフィン(「マッチスティック・メン」「迷い婚-すべての迷える女性たちへ-」)

製作総指揮 クリストファー・プラット
チャド・マーティング
ウィリアム・S・ビーズレイ
ジョシー・ローゼン
ピーター・モーガン
マイケル・パセオネック
ジョン・サッキ

製作 スコット・アヴァーサノ
アシュトン・カッチャー
ジェイソン・ゴールドバーグ
マイク・カーツ

撮影 ラッセル・カーペンター

音楽 ロルフ・ケント

衣装デザイン ヨハンナ・アルガン

キャスト ジェン・コーンフェルド キャサリン・ハイグル
スペンサー・エイムス アシュトン・カッチャー
ミスター・コーンフェルド(ジェンの父) トム・セレック
ミセス・コーンフェルド(ジェンの母) キャサリン・オハラ
マック ケヴィン・サスマン
ヴィヴィアン キャサリン・ウィニック
クリステン ケイシー・ウィルソン
ホルブルック マーティン・マル
オリビア リサ・アン・ウォルター
ヘンリー ロブ・リグル
リリー アレックス・ボースタイン

公式HP http://kisskill.gaga.ne.jp/ (日本)
http://killersfilm.com/ (アメリカ)

ストーリー

ジェンは、失恋の傷を癒すバカンス中、信じられないほど素敵な男性スペンサーに出逢う。一目で恋に落ちたふたりは、美しいリゾート地でデートを重ね、見事ゴールイン。優しくてハンサムな夫との夢の新婚生活。しかし、彼には、平和な日常を一変させる、ある“危険”な秘密があった…。なんとスペンサーは、元・CIAの凄腕スパイだったのだ! 彼の命を狙う敵を相手に、ジェンも銃を手にして戦うはめに。一筋縄ではいかない2人の愛が、今、試される!




プライバシーポリシー