ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「奇跡のシンフォニー」   ◆チョイオシシネマ


(c)2007 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved



原題

August Rush
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間54分
日本公開 2008年6月21日(土)日比谷スカラ座他全国ロードショー
全米公開:2007年11月21日

配給会社

東宝東和
ジャンル

ドラマ、音楽
カラーorモノクロ

カラー
監督
カーステン・シェリダン(「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」(脚本))

原案 ポール・カストロ
ニック・キャッスル(「フック」)

脚本 ニック・キャッスル(「ミリィ/少年は空を飛んだ」「タップ」)
ジェームズ・V・ハート(「フック」「ドラキュラ」「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」)

製作 リチャード・バートン・ルイス(「ロビン・フッド」「バックドラフト」)

音楽 マーク・マンシーナ(「スピード」「コン・エアー」「ターザン」「ブラザー・ベア」)

撮影 ジョン・マシソン(「グラディエーター」「マッチスティック・メン」「オペラ座の怪人」)

キャスト エヴァン・テイラー/オーガスト・ラッシュ フレディ・ハイモア
ライラ・ノヴァチェク ケリー・ラッセル
ルイス・コネリー ジョナサン・リス=マイヤーズ
リチャード・ジェフリーズ テレンス・ハワード
マックスウェル・“ウィザード”・ウォレス ロビン・ウィリアムズ
トマス・ノヴァチェク ウィリアム・サドラー
アーサー レオン・トマス・3世
ホープ ジャマイア・シモーヌ・ナッシュ
ジェームズ ミケルティ・ウィリアムソン

公式HP http://kiseki-symphony.com/ (日本)
http://augustrushmovie.warnerbros.com/ (アメリカ)

ストーリー 顔も名前も知らない両親と自分は、心に聞こえてくる音を通じて繋がっている。そう固く信じ、施設で過ごす孤独な日々を耐えている11歳のエヴァン。ある晩、電線を伝う不思議な音に導かれるように、施設を抜け出してマンハッタンへやって来た彼は、ストリート・ミュージシャンのグループと生活を共にしながら、両親探しの第一歩を歩み出す。生まれて初めて楽器を手にしたことで、瞬く間に開花するエヴァンの音楽の才能。“僕が奏でるギターの音は、この世界のどこかにいる両親の耳にきっと届く”―その思いを胸に、街角で無心に演奏するエヴァン。そんな彼の心の声が通じたかのように、母のライラは死産だったと思っていた息子の行方を探し始め、父のルイスも、見えない運命の糸に手繰り寄せられるようにニューヨークへやって来る。果たしてエヴァンは、彼ら両親に会い、愛を伝えるという夢を叶えることができるのだろうか?

K’s Point 2年前から集められた40曲以上の楽曲
この物語の第二の主役は「音楽」。両親が運命的な出会いを果たすきっかけ、主人公エヴァンに受け継がれた才能、そして彼がどんな辛い時でも信じていたもの、それが「音楽」だからだ。街中に溢れる音から、オーケストラが演奏するラプソディーまで様々な音楽が登場するが、全てが心に響き、映像だけでなく体で感じる作品になっている。
特に注目すべきは、エヴァンが聖歌隊の歌声に引き込まれて教会に入っていくシーンで演奏される「Raise It Up」(アカデミー賞の主題歌賞にもノミネート)で素晴らしい歌声を響かせるジャマイア・シモーヌ・ナッシュ。2歳から歌をはじめ、5歳の時にアポロ・キッズ・タレント・サーチ・コンテストで優勝した彼女の歌声はぜひ、音響設備の整った劇場で聴いて欲しい!

K’s Point 天才子役、フレディ・ハイモアと脇を固める名優たちの素晴しいハーモニー
「チャーリーとチョコレート工場」「ネバーランド」でジョニー・デップを相手に素晴らしい演技を見せたフレディ・ハイモア。少し大人になったが、透明感や自然体な魅力は変わらない。そして脇を固める俳優たちも良い。母親役のケリー・ラッセルはチェロ演奏未経験にも関わらず、たった12週間でバッハを演奏する役者魂をみせつけた。そして父親役であるジョナサン・リス=マイヤーズも、「吹き替え」もしくは「修正あり」と考えていた監督の想像をはるかに超えた歌声を披露。カリスマ的ボーカリストは彼自身かのように魅力的な存在感を放つ。もちろんロビン・ウィリアムズに関しては言うことなし?! 役者たちも見事なハーモニーを奏で、爽やかで気持ちいい感動が残る作品だ。




プライバシーポリシー