ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「消えた天使」

iconicon     



原題

The Flock
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間45分
日本公開

2007年8月4日
配給会社

ムービーアイ
ジャンル

サスペンス、ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督 アンドリュー・ラウ(「インファナル・アフェア シリーズ」「デイジー」)

脚本 ハンス・バウアー(「アナコンダ」「ハイウェイマン」)
クレイグ・ミッチェル(「ハイウェイマン」


キャスト エロル・バベッジ リチャード・ギア
アリスン・ラウリー クレア・デインズ
ベアトリス・ベル アヴリル・ラヴィーン
ビオラ・フライ ケイディー・ストリックラド
ボビー・スタイルズ レイ・ワイズ
エドマンド・グルームス ラッセル・サムズ
グレン・カスティス マット・シュルツ
ハリエット・ウェルズ クリスティーナ・シスコ
ヴィンセント・デニソン ドウェイン・バーンズ
ルイス・ケスラー エド・アッカーマン
ヘイズ・オウンビー フレンチ・スチュアート
公式HP http://www.kieta.jp/(日本)


ストーリー

18年間、性犯罪登録者の監視を続けてきた監察官のエロル・バベッジは、退職前の最後の任務として、後任となる若い女性監察官アリスン・ラウリーの指導を任された。そんなある日、10代の少女の誘拐/失踪事件が発生する。バベッジは、彼が監視を続けていた登録者の誰かがこの事件に関与していると確信するが、誰にも信じてもらえない。バベッジのあまりに強引なやり方に反発を抱くアリスンはしかし、否応なく、一般人として社会生活を営む"登録者たち"(The Flock)の、知られざる闇の世界へと足を踏み入れていく─。そこに浮かび上がる想像を絶する犯人像。追跡の最中、アリスンの心にふと疑惑が生じる。バベッジは本当に少女を助けようとしているのか、それとも自身も気付かぬまま、闇の領域に魅せられてしまっているのか...。全ての謎が明らかになる驚愕のクライマックスに、全世界が戦慄する!

 



K’s Point 殺到したオファーの中から選んだハリウッド・デビュー作
「インファナル・アフェア」で世界から注目される監督の一人となったアンドリュー・ラウ。寄せられた多数のオファーの中から、彼が選んだ記念すべきハリウッド・デビュー作は「善悪の間で苦悩する主人公」を描いたサスペンスだ。アメリカで2分に1人の割合で起きている「性犯罪」と、「性犯罪者の情報公開の危険性」がモチーフであるが、「犯罪者=悪」という単純な内容ではない。リチャード・ギア演じる監察官はどこか心が病んでいる。彼が、ある意味での「人間らしさ=どんな人でももつ闇の部分」を持っていること、また犯罪者が皆「普通の人間」として社会に溶け込んでいることが他にないリアルな恐怖を感じさせる。

K’s Point これこそが現実
ここに登場する猟奇的な事件は決して架空の事件ではない。似たような事が実際に起こり、それを行ったのは怪物ではなくまぎれもない「人間」である。それはもはや目をそらすことのできない「現実」。そして自分が人間である限り、被害者にも加害者にもなる可能性を含んでいる事実をつきつけられる。
怪物に向かうものは、自らが怪物にならぬよう注意せねばならない……奥底に眠る残虐性と、良心といった人間性を鋭く描いた点がアンドリュー・ラウらしい。







プライバシーポリシー