ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報


本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com



■「消されたヘッドライン」   ◆チョイオシシネマ



    
(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

原題

State of Play

製作年度/国

2009年/アメリカ、イギリス
上映時間

2時間7分
日本公開

2009年5月22日   
配給会社

東宝東和
ジャンル

サスペンス
カラーorモノクロ

カラー
監督 ケヴィン・マクドナルド(「ラストキング・オブ・スコットランド」「運命を分けたザイル」)

脚本 マシュー・マイケル・カーナハン(「キングダム/見えざる敵」「大いなる陰謀」)
トニー・ギルロイ(「フィクサー」「ボーン・スプレマシー」)
ビリー・レイ(「アメリカを売った男」「フライトプラン」「サスペクト・ゼロ」)

オリジナル脚本 ポール・アボット

キャスト カル・マカフリー ラッセル・クロウ
スティーヴン・コリンズ ベン・アフレック
デラ・フライ レイチェル・マクアダムス
キャメロン・リン ヘレン・ミレン
ドミニク・フォイ ジェイソン・ベイトマン
アン・コリンズ ロビン・ライト・ペン
ジョージ・ファーガス ジェフ・ダニエルズ
ソニア・ベーカー マリア・セイヤー
ドクター・ジュディス・フランクリン ヴィオラ・デイヴィス
ドナルド・ベル ハリー・J・レニックス
ピート ジョシュ・モステル
ハンク マイケル・ウェストン
ジーン・スタヴィッツ バリー・シャバカ・ヘンリー
ポイントコープの内偵 デヴィッド・ハーバー
グリア・ソーントン ウェンディ・マッケナ
マンディ・ブロカウ セイラ・ロード
デシャウン・スタッグ ラデル・プレストン

公式HP http://kesareta.jp/ (日本)
http://www.stateofplaymovie.net/ (アメリカ)

ストーリー ドラッグ中毒の黒人少年が何者かに射殺され、たまたま通りかかったピザの配達人も口封じのため重傷を負う。ほぼ同時期に国会議員、スティーヴン・コリンズのもとで働く女性職員が地下鉄の駅で突然死亡した…ワシントンD.C.で起きた二つの事件は、何の繋がりもないように思えた。しかしワシントン・グローブの敏腕記者、カルは、学生時代からの友人であるスティーヴンと会い、二つの事件の関連性に気づく。カルの捜査は思わぬ事件の真相へと迫ってゆき……。

K’s Point “巨大な陰謀”は聞きあきたけれど
最近よく聞く「巨大な陰謀」というフレーズ。そういう映画に限って大抵、ハズレが多いというのが近年のサスペンス事情と言える。だがこの作品は全体のシナリオがしっかりとしていて、本格的なサスペンスとして楽しめる。新聞記者カルを演じるラッセル・クロウの演技も素晴らしく(見かけはただのオジサンになってしまったが)、真相に迫っていく緊迫感も心地いい。イギリスの人気ドラマの映画化というだけあり、サスペンス好きでも納得の展開なので、ぜひ映画館で緊張感を味わってもらいたい。




プライバシーポリシー