ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

もうすぐ公開

今後のラインナップ

先取り新作情報

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com

■「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」
 
iconicon      

原題

Fur: An Imaginary Portrait of Diane Arbus
製作年度/国

2006年/アメリカ
上映時間

2時間2分
日本公開

2007年5月26日   関西公開:2007年6月9日
配給会社

ギャガ・コミュニケーションズ
ジャンル

ドラマ、ロマンス(R-18)
カラーorモノクロ

カラー
監督

スティーヴン・シャインバーグ(「セクレタリー」)
原作

パトリシア・ボズワース(『炎のごとく 写真家ダイアン・アーバス』文藝春秋刊)
脚本

エリン・クレシダ・ウィルソン(「セクレタリー」)

キャスト ダイアン・アーバス ニコール・キッドマン
ライオネル ロバート・ダウニー・Jr
アラン・アーバス タイ・バーレル
その他のキャスト ハリス・ユーリン、ジェーン・アレクサンダー、
エミー・クラーク、ジュヌヴィエーヴ・マッカーシー、


ボリス・マクギヴァー
公式HP
http://kegawa.gyao.jp/intro/ (日本)
http://www.furmovie.com/ (アメリカ)

ストーリー





1958年、ニューヨーク。裕福な家庭に育ったダイアン・アーバスは、ファッションカメラマンである夫アランのアシスタントとして働きながら、心の中には常に自分のいる世界に居心地の悪さと不安を感じていた。そんなある日の夜、コートやマントで全身を覆い、目の部分だけがくり抜かれたマスクを被った男、ライオネルがダイアンの隣に越してくる。この男の異形に激しく心を奪われたダイアンは意を決し、カメラを手に彼の部屋のベルを鳴らす。扉を開いた“運命の男”に隠された秘密は、彼女の好奇心を欲望へと駆り立てていく―。

K’s Point 妻でもなく、母でもなく、娘でもなく―ひとりの女としての目覚め
良家の娘であるダイアンは、全てにおいて完璧に振舞うことを求められている。その息苦しさから抜け出したいと思っている願望は、ベランダで胸をはだけるなどの行動でどうにかやり過ごしてきたが、ミステリアスな男ライオネルとの出逢いによって、とうとう爆発するのだ。ダイアンほどではなくても、どこかに似たような“縛り”を感じて生きている女性は多いだろう。ダイアンの欲望が解放されていく過程は、そんな女性たちにとって、一種の憧れと映るかも知れない。

K’s Point 本当のダイアン、想像のダイアン
伝説の女流写真家ダイアン・アーバスについて、映画で描かれている事実は、出自などのバックグラウンドで、心理的な部分はシャインバーグ監督と脚本家ウィルソンによる創作だ。ダイアンがライオネルたち“フリークス(変わった人々)”と呼ばれる人たちとの関わりで新しい世界に飛び込むところは、「不思議の国のアリス」がモチーフとなっている。未知の体験によって本当の自分を知る―それは、傑作「セクレタリー」から続くシャインバーグ監督のこだわりなのか。



    
プライバシーポリシー