ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com













































■「監督・ばんざい!」
  
iconicon
 


製作年度/国

2007年/日本
上映時間

1時間44分
日本公開

2007年6月2日
配給会社

東京テアトル=オフィス北野
ジャンル

コメディ
カラーorモノクロ

カラー
監督

北野武(「HANA−BI」「座頭市」「その男、凶暴につき」)
脚本

北野武(「HANA−BI」「座頭市」「その男、凶暴につき」)

キャスト ビートたけし
江守徹
岸本加世子
鈴木杏
吉行和子
宝田明

藤田弓子
その他のキャスト 内田有紀、木村佳乃、松坂慶子、
大杉漣、寺島進



公式HP



http://www.office-kitano.co.jp/banzai/cover.html(日本)
ストーリー





ギャング映画を得意とするビートたけし演じるキタノ監督がギャング映画は二度と撮らないと言ってしまった! しかしヒット作を作り上げなければならない。さてどうする? 近年流行した昭和30年代を舞台にした映画? 小津風人情劇? それとも苦手な恋愛映画? とにかく手当たり次第、撮りっぱなす! 結末は? え?そうなるの?
なんとも不思議なバラエティームービーの誕生。
K’s Point 世界のキタノ が造る世間の評価を気にしない作品
自分も世間の評価を気にし始めている。だから監督としてのキャリアを壊したかった。
北野監督はこう語る。7つのエピソードをホラー、時代劇、ラブロマンス…と全て違うジャンルで撮影し、新しいキタノワールドが展開する。と、思いきや、期待は途中で裏切られたりもする。本当にキタノ監督は世界のキタノなのか?そう思わせる事こそ北野監督の狙いなのかも?同日公開の松本監督とは違い、基本に戻ったベタな笑いが見どころ。
K’s Point 豪華キャストで飽きさせない
キタノ映画に欠かせない大杉漣、寺島進、岸本加世子などはもちろん、宝田明、内田有紀など短いシーンにも豪華キャストが登場。中でもやっぱり江守徹!あのインチキ臭い?絶妙な存在感で、後半部分をがっちりとシメてくれる。そして詐欺師の娘を演じる鈴木杏もやっぱりうまい。作品自体も予想不能であるが、俳優たちの予想不能な演技に注目。。
K’s Point カンヌ映画祭で上映された3分の短編映画、同時上映
世界の監督が集まるカンヌ映画祭でチョンマゲのズラをつけて登場したキタノ監督。世界のキタノになっても決して笑いを忘れない姿が印象的だった。そのカンヌで披露した短編作品「素晴らしき休日」が同時上映される。美しい映像美と、彼ならではの笑いがつまった貴重な作品をお見逃しなく!