ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「JUNO/ジュノ」




妊娠してしまった女子高生は、赤ちゃんにとって理想的な両親を見つけるが…。
「ハード キャンディ」で注目されたキュートな女の子エレン・ペイジ主演の青春コメディは、
小規模の公開ながらランキングの上位に食い込み、この冬の台風の目になっている注目作。


原題

Juno
製作年度/国

2007年/アメリカ、カナダ
上映時間

1時間36分
日本公開

2008年6月14日
配給会社

20世紀フォックス
ジャンル

青春ドラマ、コメディ
カラーorモノクロ

カラー
監督
ジェイソン・ライトマン(「サンキュー・スモーキング」)

脚本 ディアブロ・コディ

製作 ジョン・マルコヴィッチ(「ゴーストワールド」「リバティーン」) 他

キャスト ジュノ・マクガフ エレン・ペイジ
マーク・ロリング ジェイソン・ベイトマン
ヴァネッサ・ロリング ジェニファー・ガーナー
ポーリー・ブリーカー マイケル・セラ
ブレン・マクガフ アリソン・ジャネイ
マック・マクガフ J・K・シモンズ
リア オリヴィア・サールビー
ロロ レイン・ウィルソン

主な受賞歴 ・アカデミー賞 オリジナル脚本賞 (2008年)
・放送映画批評家協会賞 コメディ作品賞・脚本賞 (2008年)
・シカゴ映画批評家協会賞 主演女優賞(エレン・ペイジ)・脚本賞・
                  最も将来が有望な俳優賞(マイケル・セラ) (2007年)
・ナショナル・ボード・オブ・レビュー ブレイクスルー女優賞(エレン・ペイジ
                      オリジナル脚本賞 (2007年)

公式HP http://microsites2.foxinternational.com/jp/juno/ (日本)
http://www.foxsearchlight.com/juno/ (アメリカ)

ストーリー ジュノは16歳の高校生。性的な行為に興味を持つ年頃の彼女は、同級生のポーリーと1度だけセックスをする。これが予期せぬ妊娠という事態を招き、ジュノはたちまち普通の高校生ではいられなくなってしまう。結局中絶も出来ず、腹を括って現実を受け止めることにしたジュノは、産まれてくる赤ちゃんのために理想の両親選びに乗り出すのだが……。

K’s Point 口コミヒット映画なのに面白いと思えず、自信を喪失してしまった皆様へ
たった7館で公開の小品が、口コミでみるみる上映館数を増やし、気が付けば全米大ヒット。果てはアカデミー脚本賞まで受賞するという快挙を成し遂げ、鳴り物入りでようやくの日本上陸である。このアメリカ人に愛されたジュノが、日本ではどう受け止められるだろうか? ここまで大化けした要因はいろいろ考えられるが、素人ながら脚本に一切の直しが入らなかったというディアブロ・コディの手腕によるところが大きいだろう。彼女の創り出したヒロインは、ちょっと尖がった女の子。独自のライフスタイルを持ち、歯に衣着せない発言は周りの大人をたじたじにさせる。でも、実は高校生ゆえの脆い部分もあって、本音は不安でいっぱい。辛辣な表現の数々は、ジュノが強くあろうとするための武装なのか? こんな個性的なジュノなのだが、正直、それほどダイレクトに彼女の魅力は伝わって来なかった。原因は何となく分かっている。イマドキ英語(女子高生が使うスラング)がチンプンカンプンだからだ。きっと、字幕の字数制限内では納まりきらない滑稽なフレーズがたくさん使われているのだろう。例えばジュノは、出産を“絞り出す”とか、里親にあげることを“配達する”とか表現するけれど、これが日本語訳の限界で、英語圏の人にはもっとシュールで笑えるニュアンスで伝わる言葉がそこかしこに散りばめられているに違いない。セリフ一つ一つを理解して、ジュノの両親が顔をしかめるサマに大笑いしたかったけれど……。




  
プライバシーポリシー