ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ジェシー・ジェームズの暗殺」

    
©2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.





原題

The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

2時間40分
日本公開

2008年1月12日
配給会社

ワーナー・ブラザース
ジャンル

西部劇、アクション、ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 ヴェネチア国際映画祭 男優賞(ブラッド・ピット) (2007年)
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 助演男優賞(ケイシー・アフレック) (2007年)

上映劇場 梅田ピカデリーなんばパークスシネマ神戸国際松竹MOVIX京都 他
http://wwws.warnerbros.co.jp/jessejames/jpspecial/

監督・脚本
アンドリュー・ドミニク(「チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼」(日本未公開))

原作 ロン・ハンセン
  『The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford』(Perennial刊)

製作総指揮 トニー・スコット(「イン・ハー・シューズ」「トリスタンとイゾルデ」) 他

製作 ブラッド・ピット(「ディパーテッド」「マイティ・ハート/愛と絆」
リドリー・スコット(「マッチスティック・メン」「アメリカン・ギャングスター」) 他

撮影 ロジャー・ディーキンス(「バートン・フィンク」「ショーシャンクの空に」)

キャスト ジェシー・ジェームズ ブラッド・ピット
ロバート・フォード ケイシー・アフレック
フランク・ジェームズ サム・シェパード
ジー・ジェームズ メアリー=ルイーズ・パーカー
ウッド・ハイト ジェレミー・レナー
ディック・リディル ポール・シュナイダー
ドロシー・エヴァンス ズーイー・デシャネル
チャーリー・フォード サム・ロックウェル
エド・ミラー ギャレット・ディラハント
マーサ・ボルトン アリソン・エリオット
ヘンリー・クレイグ マイケル・パークス
ティンバーレイク保安官 テッド・レヴィン
サラー・ハイト カイリン・シー
エドワード・オケリー マイケル・コープマン

ナレーション ヒュー・ロス

公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/assassinationofjessejames/# (日本)
http://jessejamesmovie.warnerbros.com/ (アメリカ)

ストーリー ロン・ハンセン著の小説に基づき、本作はアメリカでもっとも悪名高き無法者と、その意外な暗殺者の私生活を丹念に調べ、この伝説的な人物の知られざる姿を見せると共に、不名誉とされる銃撃が起こる前の数カ月間に実際に起こったことの解明に取り組んでいる。
時は1881年、ジェシーは34歳。次の強盗を計画している最中も、彼は自分の首に懸けられた賞金と名声を手に入れようとする敵との戦いに明け暮れていた。だが、真の脅威はいちばん信頼する仲間の中に潜んでいたのだった……。

K’s Point 英雄か?悪者か? ブラピが蘇らせた伝説のアウトロー
日本人には馴染みが無いが、ジェシー・ジェームズはアメリカ史に燦然と輝くアウトローである。南北戦争後、一団を率いて数々の罪を犯した。その数、実に強盗25件以上、殺人17件。そして、何故か英雄視されてもいる。民衆が彼を崇めていたと聞けば、義賊ロビン・フッドを思い起こすが、ジェシーの場合はそれとは違う。元々カリスマ性を備えていたジェシーは、話題の中心となるには格好の人物。当時、新聞や三文小説は、こぞって彼の活躍を書き立て、みるみる伝説の人物へと祀り上げていった。メディアが生んだ最初のセレブ、ジェシーを演じるのに、ブラッド・ピット以上にピッタリの役者はいるだろうか? この役・作品にはブラピの役者として、また製作者としての思い入れが詰まっている。原題に有るように、ジェシーが“臆病者のロバート・フォード”に背後から撃たれる緊迫したシーンに至るまでの日々は、ジェシーをよく知らない私たちにも興味深い。




    
プライバシーポリシー