ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「アイアンマン」   ◆チョイオシシネマ




ロバート・ダウニー・Jrがアメコミのヒーローに!?
ちょっとビックリのキャスティングだけど、そこは折り紙付きの演技力でやってくれるはず。
防御機能バツグンの特殊スーツに身を包み、正義の使者アイアンマンが大暴れするぞ!



原題

Iron Man
製作年度/国

2008年/アメリカ
上映時間

2時間5分
日本公開

2008年9月27日   全米公開:2008年5月2日
配給会社

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ジャンル

アクション、SF、アドベンチャー
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 ・MTVムービー・アワード 最優秀サマームービー賞 (2008年)

上映劇場 TOHOシネマズ梅田梅田ブルク7TOHOシネマズなんばなんばパークスシネマ
OSシネマズミント神戸MOVIX京都 他
http://flash.sonypictures.com/intl/jp/movies/ironman/site/theaters.html

監督
ジョン・ファヴロー(「ザスーラ」)

キャラクター創造 スタン・リー(「デアデビル」「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」) 他

脚本 アート・マーカム
マット・ハロウェイ
マーク・ファーガス(「トゥモロー・ワールド」)
ホーク・オツビィ(「トゥモロー・ワールド」)

キャスト トニー・スターク/アイアンマン ロバート・ダウニー・Jr
オバディア・ステイン/アイアン・モンガー ジェフ・ブリッジス
ローディ テレンス・ハワード
ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ グウィネス・パルトロー
イェンセン ショーン・トーブ
クリスティン・エヴァーハート レスリー・ビブ
ラザ ファラン・タヒール
アブ・バクアール サイード・バッドレヤ
ガブリエル将軍 ビル・スミトロヴィッチ
フィル・クールソン捜査官 クラーク・グレッグ
アレン少佐 ティム・ギニー
ホーガン ジョン・ファヴロー
スタン・リー スタン・リー
ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソン

声のキャスト ジャーヴィス ポール・ベタニー

公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/ironman/ (日本)
http://www.ironmanmovie.com/ (アメリカ)

ストーリー 巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長にして、天才発明家でもあるトニー・スタークは、新型兵器のデモ実験で赴いたアフガニスタンで、テロリスト集団に拉致されてしまう。
そこで、新型兵器と同じ物を作るように命じられるトニーだが、敵の目を欺き、戦闘可能なパワードスーツを完成させる。彼はスーツを装着し、まんまと脱出に成功する。帰国したトニーは、もう以前の彼ではなくなっていた。自社の兵器が悪用されている様を見せつけられたからには、これ以上、加担するわけにはいかない。トニーはテロを撲滅するべく、パワードスーツの改良に着手、正義のために闘う“アイアンマン”になるのだった。

K’s Point 偉大な発明は、往々にしてピンチから生まれるもので…
アメコミ・ラッシュの2008年。その先陣をきって全米公開されたのが「アイアンマン」だ。9月現在、アメリカ国内での興行収入は3億ドルを超えており、これは驚異の大ヒットと言って良いだろう。これほどまでに観客を惹き付けた魅力の一つに、アイアンマンの成り立ちが考えられる。捕虜となったトニーが、逃げおおせるために、自分の持てる才能を注ぎ込んでパワードスーツを創り出す過程がまず面白い。絶体絶命のピンチをくぐり抜ける方法として、実にエキサイティングかつ小気味良いのだ。そして、改良されて見た目もクールになったパワードスーツが、私たちと同じ生身の人間を、スーパーヒーローに変身させる――ロマンだ。そして、ヒーロー物にはつきもののダイナミックな飛行シーンも爽快! 前半の脱出劇が終わってから、アイアンマンとして活躍し始めるまでが少しダレるが、社会的なメッセージを込めながらも、観やすいヒーロー物として仕上がっている。

K’s Point やっぱりダウニーは巧かった!
今年のアメコミの特徴は、イケメンよりも演技派であることを重視したキャスティングだ。ロバート・ダウニー・Jrも、かつてのヒーロー物のセオリーからすると、サプライズ!なわけである。しかし、この作品を観ると、もうダウニー以外は考えられないほどのハマリ具合。プレイボーイの軽さと、過ちに気付き、使命に燃えるようになった時のシリアスさ、そして、度々見せるコミカルさ……その昔、「チャーリー」のなりきり演技でアカデミー®主演男優賞にノミネートされたこともある実力者は、カリスマ性の有る男の様々な顔を、とても魅力的に表現している。“ダウニーはこの役を演じるために生まれてきた”というマスコミ評も有ったほど。このキャスティングを提案した人物と、ゴーサインを出した映画会社は、“してやったり”といった気分だろう。




プライバシーポリシー