ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ICHI」

 iconicon

製作年度/国

2008年/日本
上映時間

日本公開

2008年10月25日
配給会社

ワーナー・ブラザース
ジャンル

時代劇、アクション
カラーorモノクロ

カラー
監督 曽利文彦(「ピンポン」「ベクシル 2077 日本鎖国」

原作 子母沢寛(「座頭市」シリーズ)

脚本 浅野妙子(「NANA」「大奥 」)

キャスト 綾瀬はるか
十馬 大沢たかお
万鬼 中村獅童
虎次 窪塚洋介
その他のキャスト 柄本明
竹内力
利重剛
佐田真由美
島綾佑
杉本哲太
横山めぐみ
渡辺えり

公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/ichi/ (日本)

ストーリー 今日も町から町へとさすらう「離れ瞽女」、市。今の市の身を守るのは、自らの剣。ひとたび仕込み杖に隠されたそれを抜けば、屈強な男たちを鮮やかに素早く、完璧に斬り捨てる最強の女に変わるのだ。 気がつけば、誰かに愛されたこともなく、何かを愛したこともない。そんな彼女の固く閉ざした心の扉を叩くのは、侍なのに刀を抜けない男、藤平十馬。旅の途中で偶然出会った2人は、男たちの命を賭けた闘いに巻き込まれていく。激しく反発しながらも惹かれ合う、孤独な2つの魂。市がなぜ人を斬るのか、十馬がなぜ人を斬れないのか──やがて明かされるそれぞれの過去の秘密。初めて市にも愛とは何かが見えかけた時、過酷な運命が2人に襲いかかる。

K’s Point 一年以上かけて練られたプロット
日本を代表するダークヒーロー「座頭市」が「女」だった……その企画こそがこの映画の「売り」だろう。勝新太郎、北野武に続く三代目「座頭市」がなんと「綾瀬はるか」なのである。この企画を思いついた時、関係者たちは「これはイケる!」と思ったに違いない。しかし誰もが知っていて、それぞれがイメージを持つヒーロー像を再び映画化することは簡単ではない。そのために企画段階で何度も何度も変更を余儀なくされたという。その甲斐あり、「市」のキャラクターにブレはないし、あえて「女」にした意味もあるストーリーに仕上がっている。綾瀬はるかの美しさは大スクリーン向きであるし、曽利組とも言える窪塚洋介、中村獅童をはじめ周りを固めるキャストもいい。少し残念なのは「座頭市」の一番の見せ場である「殺陣」に少し迫力が足りなかった点だ。続編も期待させる作品なため、それは今後に期待するとしよう。



  
プライバシーポリシー