ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」

   
(C)2009 フジテレビジョン/Production I.G/電通 

製作年度/国

2009年/日本
上映時間

1時間38分
日本公開

2009年8月22日  
配給会社

東宝
ジャンル

ファンタジー、ファミリー、アドベンチャー
カラーorモノクロ

カラー
監督 佐藤信介(「砂時計」「県庁の星」)

脚本 安達寛高(「きみにしか聞こえない」原作、「KIDS」原作)
佐藤信介(「砂時計」「県庁の星」
キャスト 綾瀬はるか
(声の出演) 遥の母 戸田菜穂
遥の父 大森南朋
遥の友人・美穂 谷村美月

公式HP http://www.hottarake.jp/index.html (日本)

ストーリー 高校生の遥は、幼い頃亡くなった母のかたみの手鏡を、いつの間にか無くしてしまっていた事に気付く。子供の頃遊んでいた神社に、みつかりますようにとお願いをしに行くと、捨てられたおもちゃを運んでいる不思議な「きつね」を目撃する。その「きつね」を追っていくうちに、森の中で水たまりを見つけ、その水に手を入れた遥は一瞬にしてホッタラケの世界に吸い込まれ、「ホッタラケの島」に入ってしまう。遥はそこで、かつて大切にしていたぬいぐるみ“コットン”に出会う。「きつね」に見えた島の住人“テオ”を巻き込み、手鏡を探し始める。人間が入ってはいけないホッタラケの島を牛耳る“男爵”は、遥の存在に気付き……。遥は、手鏡を見つけることが出来るのか。そしてこの不思議な世界から現実の世界に戻ることが出来るのだろうか?



プライバシーポリシー