ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 ◆チョイオシシネマ

  
(C) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ダーク・ヒーロー、ヘルボーイが帰って来た!
「パンズ・ラビリンス」でまた一つ高みに昇ったギレルモ・デル・トロ監督が、
思い入れの深いキャラクターに地球の平和を託す!!


原題

Hellboy II: The Golden Army
製作年度/国

2008年/アメリカ
上映時間

1時間59分
日本公開

2009年1月9日   全米公開:2008年7月11日
配給会社

東宝東和
ジャンル

アクション、アドベンチャー、SF
カラーorモノクロ

カラー
監督・脚本
ギレルモ・デル・トロ(「デビルズ・バックボーン」「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」

原作 マイク・ミニョーラ(「ヘルボーイ」)

原案 マイク・ミニョーラ
ギレルモ・デル・トロ(「ミミック」「ヘルボーイ」)

製作 ローレンス・ゴードン(「ダイ・ハード」「イベント・ホライゾン」「ヘルボーイ」) 他

音楽 ダニー・エルフマン(「バットマン」「ダークマン」「スパイダーマン」「ハルク」)

撮影 ギレルモ・ナヴァロ(「デビルズ・バックボーン」「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」

衣装 サミー・シェルドン(「ヴェニスの商人」「キンキーブーツ」「Vフォー・ヴェンデッタ」)

キャスト ヘルボーイ ロン・パールマン
リズ・シャーマン セルマ・ブレア
エイブ・サピエン/ザ・チャンバーレイン/死の天使 ダグ・ジョーンズ
トム・マニング ジェフリー・タンバー
プリンス・ヌアダ ルーク・ゴス
トレヴァー・“ブルーム”・ブルッテンホルム教授 ジョン・ハート
ヨハン・クラウス/ベスモーラ・ゴブリン ジョン・アレクサンダー
プリンセス・ヌアラ アンナ・ウォルトン
ウィンク/クロニー・トロール/大聖堂の長/フラグルワンプ ブライアン・スティール

声のキャスト ヨハン・クラウス セス・マクファーレン

公式HP http://www.hellboy.jp/ (日本)
http://www.hellboymovie.com/ (アメリカ)

ストーリー 超常現象捜査防衛局“BPRD”で魔物退治を行っている、レッドこと「ヘルボーイ」は、最近、恋人であるリズと喧嘩が絶えない。また存在が極秘にされているにもかかわらず、姿が目撃されユーチューブに流されてしまうなどトラブル続きだ。一方仕事は順調!最強のエージェントに敵無しのはずだった。しかし闇の世界では、欲のために地上を支配した人間を抹殺すべく王子、ヌアダが伝説の最強軍団「ゴールデンアーミー」を蘇らせようとしていた。今、最強の敵がヘルボーイの前に立ちはだかる!

K’s Point ギレルモ・デル・トロの世界へようこそ!
「パンズ・ラビリンス」で数々の賞を受賞し、一躍有名となったデル・トロ監督。リアルで独創的なクリーチャーなど、映像美が彼の特徴であるが、ダークな世界観とストーリーテラーとしての才能も半端じゃない。前作とはテーマを変え、人間の強欲さをついた物語は、「ロード・オブ・ザ・リング」を思い出させるほどに深いものがある。しかし「ヘルボーイ」ならではのコミカルさも前作を上回り、キャラクターをいかした笑いも見どころとなっている。「ヘルボーイ」がいまいち「イケメン」ではないため、日本ではそれほど話題になっていないが、今年豊作だったアメコミの中でも出来はかなり上位に入る。騙されたと思って?ぜひ映画館に足を運んでほしい作品だ。

K’s Point やっぱり「恋」は必要でしょ!
決してイケメンではないけれど(しつこい?)、男らしさと強さがかっこいいヘルボーイ。前作でハッピーエンドとなったリズとの仲も、ある問題が起こり先行き不透明だ。もちろんその恋の行方も気になるのだが、今回は心優しい相棒、エイブも恋をする。このエイブ・・・恋をするととっても魅力的なのだ!多数のクリーチャーとの闘いや、ガチンコアクションシーンも本当に見ごたえあるが、やはり「恋」がなければ映画としては味気ない。「恋」の行方にも大注目の本作は、女性が観ても楽しめる作品になっているぞ。




  
プライバシーポリシー