ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら



ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ハリー・ポッターと謎のプリンス」  ◆チョイオシシネマ

© 2008 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights © J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and
© Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.



原題

Harry Potter and the Half-Blood Prince
製作年度/国

2009年/イギリス、アメリカ
上映時間

2時間34分
日本公開

2009年7月15日(日米同時公開)
配給会社

ワーナー・ブラザース
ジャンル

ファンタジー、アドベンチャー、ドラマ、ミステリー
カラーorモノクロ

カラー
監督
デヴィッド・イェーツ(「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」)

原作 J・K・ローリング『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(静山社刊)

脚本 スティーヴン・クローヴス(「ハリー・ポッターと賢者の石」等シリーズ4作)

キャスト ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン
ベラトリックス・レストレンジ ヘレナ・ボナム=カーター
アーガス・フィルチ デヴィッド・ブラッドリー
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン
フリットウィック教授 ワーウィック・デイヴィス
セブルス・スネイプ アラン・リックマン
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス
ニンファドラ・トンクス ナタリア・テナ
リーマス・ルーピン デヴィッド・シューリス
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト
ホラス・スラグホーン ジム・ブロードベント
アルバス・ダンブルドア マイケル・ガンボン
ナルシッサ・マルフォイ ヘレン・マックロリー
ウィーズリー夫人 ジュリー・ウォルターズ
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス
ラベンダー・ブラウン ジェシー・ケイヴ
ルーナ・ラブグッド イヴァナ・リンチ
トム・リドル(11歳) ヒーロー・ファインズ=ティフィン
チョウ・チャン ケイティ・ルング
10代のリドル フランク・ディレイン

公式HP http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/ (日本)
http://harrypotter.warnerbros.com/harrypotterandthehalf-bloodprince/ (アメリカ)

ストーリー 闇の帝王ヴォルデモートがマグル(人間)、魔法使い両方の世界にお ける支配力を強めようとし、ホグワーツはもはやかつてのような安全な場所では なくなってしまう。ハリーは学校の中にも危険が潜んでいるのではないかと疑う が、最終決戦が迫っていることを知っているダンブルドア校長は、ハリーに戦いの準備をさせることに力を入れる。二人はヴォルデモー トの防御を解く手がかりを見つけようと、旧友であり元同僚でもあるホラス・スラグホーンを魔法薬学教授として学校に迎える。一方 、ホグワーツにはロマンスが訪れ、学校全体に恋愛ムードに浮き立っているが、 悲劇の運命は近づいていた…。衝撃的な別れと挫折。16歳のハリーに待ち 受ける過酷な運命とは…。

K’s Point クライマックスへと続く新たな一章
シリーズ最終章となる第七章の『ハリー・ポッターと死の秘宝』は、2010年11月、2011年5月に前後篇として公開される。そのクライマックスへと続く本章は、最大の敵・ヴォルデモードと闘うために、ハリーが強い意志を持つきっかけとなる大事な章だ。物語的には「繋ぎ」のエピソードが多く、過去作に比べては地味な印象を受けるが、終盤に判明する「謎のプリンス」の正体など、次作への鍵がたくさんちりばめられている。早く最終章を観たい!と思わせるエンディングだが、楽しみは少し先に置いておこう。

K’s Point ティーンの悩みは魔法界も同じ
本作の中でかなりの部分を占めるのは「恋愛絡みのエピソード」だ。ハリー、ロン、ハーマイオニー……彼らもやはり「お年頃」。恋の悩みは人間界も魔法界も同じなのだ。ティーンの支持を得るためにはやはり「恋愛」は必須? 本筋に関係あるの?と思わなくもないシーンも多少あり、少々退屈な部分もあるが、それも必要不可欠ということなのだろう。しかし誰かを愛し、その人を守りたいと思った時、人は初めて強くなる。「誰を愛しているのか」がわかったハリーは、クライマックスに向けて、大人として、男として強く成長していくに違いない。



   
プライバシーポリシー