ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「グッド・シェパード」

 iconicon





原題

The Good Shepherd
製作年度/国

2006年/アメリカ
上映時間

2時間47分
日本公開

2007年10月20日
配給会社

東宝東和
ジャンル

ドラマ、サスペンス
カラーorモノクロ

カラー
監督 ロバート・デ・ニーロ(「ブロンクス物語/愛につつまれた街」)

脚本 エリック・ロス(「フォレスト・ガンプ/一期一会」「インサイダー」「ミュンヘン」)

製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ(「ハメット」) 他

製作 ロバート・デ・ニーロ(「マイ・ルーム」「RENT/レント」) 他

衣装デザイン アン・ロス(「イングリッシュ・ペイシェント」「リプリー」)

公式HP http://www.goodshepherd.jp/ (日本)


http://www.thegoodshepherdmovie.com/ (アメリカ)
キャスト エドワード・ウィルソン マット・デイモン
クローバー アンジェリーナ・ジョリー
サム・ミュラッハ アレック・ボールドウィン
ローラ タミー・ブランチャード
アーチ・カミングス ビリー・クラダップ
ビル・サリヴァン将軍 ロバート・デ・ニーロ
ラッセル上院議員 ケア・デュリア
フレデリックス教授 マイケル・ガンボン
ハンナ・シラー マルティナ・ゲデック
フィリップ・アレン ウィリアム・ハート
トーマス・ウィルソン ティモシー・ハットン
リチャード・ヘイズ リー・ペイス
ジョゼフ・パルミ ジョー・ペシ
レイ・ブロッコ ジョン・タートゥーロ
ヴァレンティン・ミロノフ ジョン・セッションズ
エドワード・ウィルソン・ジュニア エディ・レッドメイン
ユリシーズ/スタス・シヤンコ オレグ・ステファン
ジョン・ラッセル・ジュニア ガブリエル・マクト

ストーリー エドワード・ウィルソンは、アメリカ国民のための良い羊飼いたらんとして、諜報活動に身を捧げてきた。青年時代、イエール大学でエリート・コースを歩んでいた彼は、軍にスカウトされ、第二次世界大戦中の戦略事務局(OSS)で諜報任務に従事。終戦後、OSSの延長線上に創設されたCIAの一員となり、ソ連との“冷たい戦争”に身を投じる。そんなエドワードが直面する苛酷な試練。任務のために家庭を犠牲にして生きてきた彼は、CIA最大の汚点と言われたピッグス湾事件の失敗の原因を究明する過程で、国を守るか家族を守るかの選択を迫られることになる…。

K’s Point 大御所たちがえぐるCIA―その始まり
FBIと並んで、アメリカ映画で大活躍する国家権力と言えばCIA(中央情報局)。今や2万9千人もの人員を抱えるこの巨大組織も、スタート時点ではわずか18人の集団に過ぎなかった。一体どうやって彼らは活動の幅を拡げていったのか? この興味深い事実に10年越しで挑んだのが、名優ロバート・デ・ニーロである。リサーチのために外国にまで足を運び、有名な役作り法に負けないほどの凄まじい執念を作品創りにも見せたデ・ニーロ監督。彼の許、コッポラなど、アカデミー賞に輝くハリウッドの重鎮たちが結集し、重厚な趣の社会派ドラマを誕生させた。ソ連との冷戦など、当時の社会情勢がもたらした緊張感は、CIA職員の私生活にまで容赦なく影響を及ぼしていたという裏の事情もとても興味深い。

  
プライバシーポリシー