ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ゲゲゲの鬼太郎」

   icon


製作年度/国

2007年/日本
上映時間

1時間43分
日本公開

2007年4月28日
配給会社

松竹
ジャンル

ファミリー、アドベンチャー、ホラー
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 ・日本アカデミー賞 新人俳優賞(ウエンツ瑛士) (2007年)

監督
本木克英(「丹下左膳」(2004)「ドラッグストア・ガール」)

原作 水木しげる

脚本 羽原大介(「パッチギ!」「フラガール」「パッチギ! LOVE&PEACE」

主題歌 ウエンツ瑛士 『Awaking Emotion 8/5』(ユニバーサルミュージック)

キャスト ゲゲゲの鬼太郎 ウエンツ瑛士
三浦実花 井上真央
猫娘 田中麗奈
ねずみ男 大泉洋
子泣き爺 間寛平
砂かけ婆 室井滋
輪入道 西田敏行
その他のキャスト 橋本さとし
利重剛
中村獅童
小雪
谷啓
YOU
内田流果

声の出演 田の中勇
柳沢慎吾
伊集院光
石原良純
デーブ・スペクター

公式HP http://www.gegege.jp/ (日本)

ストーリー 目玉のおやじや猫娘と妖怪世界で暮らしている鬼太郎の元へ1通の手紙が送られてきた。差出人は小学生の三浦健太君。彼が父と姉・実花と暮らす団地はテーマパーク建設工事着工と共に妖怪たちが出現し人間を困らせているという。そんな時、妖怪世界でも大事件が。邪悪な怨念が宿っているため地下深くに埋められていた妖怪石が消え、健太と実花の手に渡ってしまったのだ…妖怪石を手に入れたい狐の妖怪・空狐が彼らに襲いかかる。鬼太郎は彼らを救うため、妖怪世界を守るため、強大な悪へと立ち向かう!

K’s Point 試験や学校はなくても裁判は早すぎる妖怪世界
毎度おなじみ、ねずみ男の裏切りから妖怪石の窃盗犯にされてしまう鬼太郎。大天狗裁判長(中村獅童)に“500年の釜ゆでの刑”を言い渡され大ピンチ。 目玉のおやじや砂かけ婆の助けで一時的に逃げだせたものの妖怪石を取り返さなければ目玉おやじと砂かけ婆が釜ゆでにされてしまう。父との約束からどうしても妖怪石のありかを教えてくれない健太君。鬼太郎は妖怪石を取り返し、目玉のおやじと砂かけ婆を助ける事ができるのか!

K’s Point 三角関係は韓国ドラマだけじゃない!?
命に限りある人間と決して恋をしてはいけない妖怪たち。だが鬼太郎は健太君の姉、実花に恋をしてしまった! 目玉のおやじを“お父さん”と呼び、鬼太郎の嫁になる予行演習もすっかり済んでいる猫娘は気が気ではない。妖怪なんて信じない!と言っていた実花も、鬼太郎の優しさと勇敢さに心惹かれていく…目玉のおやじは鬼太郎の姿を心配しながら目を皿のようにして(って目しかないけど)見つめている?はたして鬼太郎の真剣な恋は成就するのか? 猫娘との関係はいかに?

K’s Point 髪の毛針を使うときは注意しましょう?
今回の見どころのひとつである妖怪たちの戦闘シーン。鬼太郎はリモコン下駄や霊毛ちゃんちゃんこなどでピンチをすりぬけていく。そして何といっても一番の武器は『髪の毛針』。念じることで毛髪が針のように硬く鋭くなり、敵に向かって発射されるのだ。しかし、使用後はちょっと大変なことに…劇場で子供たちが爆笑するあのシーン。ぜひお見逃しなく!

K’s Point うますぎて思わず嫌いになりそうに…本当に臭そうなねずみ男
子なき爺の間寛平、砂かけ婆の室井滋、猫娘の田中麗奈…これ以上の配役は思いつかないほど見事にマッチングしているキャストたちも見どころ。中でも注目は、ねずみ男を演じる大泉洋。ねずみ男の武器“口臭”と“放屁”を見事に演じ?悪いけど本当に臭そうに感じさせる演技は大したもの。しかし彼の役者人生において“ねずみ男”が代表作になってしまっていいのか?! いや、大ヒットの予感がする「ゲゲゲの鬼太郎」だけに、続編でまた“ねずみ男”を演じてくれる事を期待しよう。



プライバシーポリシー