ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「イーグル・アイ」

    
(C)2008 DreamWorks LLC and Paramount Pictures. All rights reserved


突然かかってきた1本の電話。「私の言うとおりにしなさい。さもないと死ぬことになる」
謎の女性アリアの目的のために巻き込まれたジェリーとレイチェル。
なぜ、二人は選ばれたのか…?
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ×主演シャイア・ラブーフ
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のコンビが放つ最新作!


原題

Eagle Eye
製作年度/国

2008年/アメリカ
上映時間

1時間58分
日本公開

2008年10月18日   全米公開:2008年9月26日
配給会社

角川映画、角川エンタテインメント
ジャンル

スリラー、アクション、ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督
D・J・カルーソー(「テイキング・ライブス」「ディスタービア」

原案 ダン・マクダーモット

脚本 ダン・マクダーモット
トラヴィス・ライト
ジョン・グレン
ヒラリー・セイツ(「インソムニア」)

製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ(「キャスト・アウェイ」「トランスフォーマー」

キャスト ジェリー・ショー シャイア・ラブーフ
レイチェル・ホロマン ミシェル・モナハン
ゾーイ・ペレス/空軍特捜部 特別捜査官 ロザリオ・ドーソン
ジェフ・カリスター長官 マイケル・チクリス
スコット・ボウマン少佐 アンソニー・マッキー
トーマス・モーガン/FBI捜査官 ビリー・ボブ・ソーントン
グラント イーサン・エンブリー
チュラン アンソニー・アジジ
ウィリアム・ショウ ウィリアム・サドラー

公式HP http://www.eagleeyemovie.com/intl/jp/ (日本)

ストーリー 「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」 突然かかってきた1本の電話。その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。 アリアという謎の女性に引き合わされたまったく面識のない男と女。彼らの愛するものを奪い、目的も知らせぬまま、次々と指示を伝え秒単位で行動させていくアリアは、二人を戻ることのできない恐怖へと巻き込んでいく…。そして何の接点も無かったジェリーとレイチェルの運命が、彼女の命令によって息つく間もなく一つに繋げられていく。 「逃走用の車に乗れ」 「連邦銀行の金庫室に行け」 「ブリーフケースを奪え」 命令に従って行動する二人に、FBIの追っ手が迫る...。 すべての行動がアリアに監視されるなか、ジェリーとレイチェルは絶体絶命の状況に追い詰められていく。彼女はいったい何者なのか? 何の目的のために二人は選ばれ、操られているのか?

K’s Point ソツがない映画です
オープニングから中盤までスピード感あふれるアクションシーンが連続。また終盤の、「女性の正体は誰なのか?」「なぜ彼らが選ばれたのか?」という謎もうまく絡みあい、さすがスピルバーグ&D・J・カルーソーという出来あがり。面白い、確かに面白い。ストーリー、演技、オチともに良くも悪くもソツがないのだ。しかし題材的に「新しい」はずが、映画のつくり的に「オーソドックス」になっていると言えなくもない。オチといい、彼らが選らばれた理由といい、「もう一ひねり」あればかなり面白くなったのではないだろうか。だが平均点以上の出来であることは保証しよう。



プライバシーポリシー