ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」

   icon


製作年度/国

2007年/日本
上映時間

1時間45分
日本公開

2007年7月7日
配給会社

松竹
ジャンル

ドラマ
カラーorモノクロ

カラー

監督
前田哲(「パコダテ人」「陽気なギャングが地球を回す」)

原案 岩貞るみこ『もういちど宙(そら)へ』(講談社刊)

脚本

川嶋澄乃(「愛の流刑地」<TV>)
松本稔(「棒たおし!」)
前田哲(「陽気なギャングが地球を回す」)

主題歌 みつき『大切なもの』(ワーナーミュージック・ジャパン)

キャスト 植村一也 松山ケンイチ
玉城ミチル 高畑充希
青山陽子 西山茉希
福原謙三 山崎努
日下部七海 永作博美
比嘉剛 池内博之
望月ユリ 坂井真紀
仲村圭一 利重剛
須藤勇治 田中哲司
玉城のオジイ 上間宗男

公式HP http://dolphin-blue.com/  (日本)

ストーリー 世界最大級の沖縄美ら海水族館に、新任獣医としてやってきた植村一也は、福原館長の考えで雑用をさせられ、ろくに獣医らしい仕事も出来ず、不満を抱えていた。ある日、"ビッグマザー"と呼ばれるイルカのフジの尾びれが、原因不明の壊死状態になってしまう。泳げなくなり、ただ浮いているばかりのフジ。一也は、アメリカのタイヤメーカーがウミガメの人工手びれを作ったことが有ると知り、タイヤメーカーのブリヂストンに、フジの人工尾びれを作ってほしいと単身交渉に向かう。

K’s Point 対立する意見、同じ願い
フジの体をこれ以上傷付けず、決して破損しない人工尾びれを完成させるために(イルカたちが破片を飲み込むと危ないので)、作っては装着、リハビリ…という工程が幾度も繰り返される。そこで生じる疑問“これは本当にフジのためになっているのか?” 装着時の僅かな傷が、再び壊死を起こすことを心配した先輩飼育員の比嘉は、作業の続行を求める植村に真っ向から反対する。フジを助けたいという共通の想いゆえの対立。尾びれを装着したがるのか、嫌がるのか、フジ自身に決めさせようということになるのだが、フジに見えるように尾びれを掲げながら「フジ、来るな」と呟く比嘉の姿に胸が熱くなる。



          

プライバシーポリシー