ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「デトロイト・メタル・シティ」   ◆チョイオシシネマ

  iconicon  


製作年度/国

2008年/日本
上映時間

1時間44分
日本公開

2008年8月23日
配給会社

東宝
ジャンル

コメディ、音楽、青春
カラーorモノクロ

カラー
監督 李闘士男(「お父さんのバックドロップ」)

原作 若杉公徳

脚本 大森美香(「インストール」「2番目の彼女」)

キャスト 根岸崇一=ヨハネ・クラウザーII世 松山ケンイチ
和田真幸=アレキサンダー・ジャギ 細田よしひこ
西田照道=カミュ 秋山竜次
デスレコーズ社長 松雪泰子
相川由利 加藤ローサ
アサトヒデタカ 鈴木一真
佐治秀紀 高橋一生
ニナ 美波
MC鬼刃 大地洋輔
DJライカ 大谷ノブ彦
根岸啓子 宮崎美子
ジャック・イル・ダーク ジーン・シモンズ
その他のキャスト 大倉孝二
岡田義徳

公式HP http://www.go-to-dmc.jp/index.html (日本)

ストーリー オシャレでポップなミュージシャンになる! そんな夢を抱き、大分の田舎から上京してきた根岸崇一は、デスレコーズの女社長にデスメタルの才能を見出され、悪魔系バンド“デトロイト・メタル・シティ”のギターボーカル“ヨハネ・クラウザーU世”として、自分の希望とは方向性のまったく違う音楽をやらされていた。
そんなある日、大学時代から憧れていた相川さんとバッタリ遭遇、崇一は舞い上がるが、相川さんはデスメタルが大嫌いだった。彼女に正体をバラすまいと必死の崇一の努力も虚しく、クラウザーさんはデスメタル界の帝王的存在になっていってしまい……。

K’s Point まるで一人二役! マツケン、豹変する
「デスノート」シリーズのL役に引き続き、人気コミックの個性的なキャラクターをまたも自分のものにした、松山けんいちという役者には恐れ入った。崇一とクラウザーさん――180度違う二つの顔を持つ男が、それぞれの人物を行きつ戻りつする、そのギャップの激しいこと。内股走りでモジモジ、クネクネしている崇一が、デーモン小暮ばりのメイクを施したクラウザーさんになった途端、悪態つきまくりのダークキャラに大変身、“信者”たちを絶叫させるカリスマ・ボーカリストの顔になる。なのに、楽屋に戻った瞬間、モジモジ君に逆戻り。この落差だけでもおかしいのに、ライブ以外でもクラウザーさんに変身しなくてはならない事態が次々と起こり、その都度アタフタする様には大爆笑だ(マイケル・J・フォックス主演の「摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に」を思い出す)。特に、実家に帰った時の“クラちゃん”、良いねぇ!

K’s Point マツケンだけじゃない、個性的なキャストのブッ飛びキャラ
デスメタルを愛するあまり、レーベルを設立、クラウザーを世に送り出したデスレコーズ社長を演じるのは、松雪泰子だ。美人女優をかなぐり捨てての怪演で、クラウザーさんに負けないインパクトを残す。常人には理解できない行動の数々にア然。崇一を私生活から悪魔色に染めるため、2匹の犬を引き連れ、オシャレに飾り立てた彼のマンションを荒らして帰ったり、何かというと崇一の額めがけてタバコを投げつける有り様だ。悪魔たちを飼い慣らす大魔王といったところか。クラウザー信者のリーダー的存在を演じる大倉孝二も、とんでもキャラ全開。クラウザーさんいる所に自分在り、ってぐらい、どのライブにも必ず現れては、追っかけならではのイタ〜いセリフを吐く。その他コミック原作らしく風変りなキャラが多数登場する中、宮崎美子演じるほわ〜んとあったかい田舎のお母さんがとっても良い味を出していて、またこれがウルッとくるんだなぁ。



      
プライバシーポリシー