ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ディセンバー・ボーイズ」

 



原題

December Boys
製作年度/国

2007年/オーストラリア、イギリス、アメリカ
上映時間

1時間45分
日本公開

2007年12月1日
配給会社

ワーナー・ブラザース
ジャンル

青春ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督

ロッド・ハーディ(「吸血の館」「ディープ・シー20000」(共に日本未公開))
原作

マイケル・ヌーナン『December Boys』
原案 ロナルド・キノック(「未知空間の恐怖/光る眼」(製作・脚本))

脚本

マーク・ローゼンバーグ(「ディンゴ」)

キャスト マップス ダニエル・ラドクリフ
スパーク クリスチャン・バイヤーズ
ミスティー リー・コーミー
スピット ジェームズ・フレイザー
“豪胆” サリヴァン・ステイプルトン
テレサ ヴィクトリア・ヒル
バンディー・マクアンシュ ジャック・トンプソン
シェルバック ラルフ・コッテリル
ルーシー テリーサ・パーマー

公式HP

http://wwws.warnerbros.co.jp/decemberboys/ (日本)
http://wip.warnerbros.com/decemberboys/ (アメリカ)

ストーリー オーストラリアのカトリック修道院に在る孤児院。そこで暮らす4人の少年、マップス、スパーク、ミスティー、スピットは、思春期の真っ最中。温かい家庭に引き取られる日を夢見てきたが、今ではほとんど諦めの境地だった。ある日、オーストラリアでは夏である12月に生まれた彼らは、誕生月プレゼントとして海辺の村で過ごす夏休みを許可される。やがて、彼らは子供のいない若い夫婦と親しくなるが、夫婦が4人の中から1人を養子に迎えたいと思っていることを知り…。

a
K’s Point ハリポタから大人へ……たくさん届いたシナリオから選んだ1本
ダニエル・ラドクリフがこの映画を撮影できるのは限られた時間だった。「ハリー・ポッター」シリーズ第4作と5作の間のわずかな時間。ダニエルが手許に届いた、たくさんのシナリオから選んだ1本は4人の少年たちが過ごす一夏の物語。オーストラリアの大自然の中、恋をし、傷つき、かけがえのないものを知る。どうしても「スタンド・バイ・ミー」や、同じ孤児院ものである「サイダーハウス・ルール」には及ばないものの、誰もが経験したようなほろ苦い一夏の物語は、観客を懐かしいあの頃へと連れて行ってくれる。ごく普通の少年マップスを演じるダニエルは、ハリポタと全く違う顔をみせ演技の幅の広さを感じる作品だ。