ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「デス・レース」   ◆チョイオシシネマ

       
(c)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
 
原題
Death Race

製作年度/国

2008年/アメリカ
上映時間

1時間45分
日本公開

200年11月29日
配給会社

東宝東和
ジャンル

アクション、SF
カラーorモノクロ

カラー
監督・原案・脚本 ポール・W・S・アンダーソン(「バイオハザード」シリーズ)

オリジナル原案 イブ・メルキオー

キャスト ジェンセン・エイムズ ジェイソン・ステイサム
マシンガン・ジョー タイリース・ギブソン
コーチ イアン・マクシェーン
ケース ナタリー・マルティネス
ヘネシー ジョアン・アレン
パチェンコ マックス・ライアン
ガナー ジェイコブ・バルガス
ウルリッヒ ジェイソン・クラーク
リスツ フレデリック・コーラー
グリム ロバート・ラサード
14K ロビン・ショウ

声のキャスト フランケンシュタイン デヴィッド・キャラダイン

公式HP http://www.deathrace.jp/ (日本)
http://www.deathracemovie.net/ (アメリカ)

ストーリー 2012年の近未来。凶悪な犯罪者ばかり収容している孤島の刑務所、ターミナル・アイランドでは、全世界の人々を熱狂させているレースが開催されている。その名も「デス・レース」。マシンガンを搭載した改造カーで、刑務所内のコースを走りぬき、一位になった者だけが生き残れるという命がけのレースだ。元レーサーのエイムズは、妻を殺害したという濡れ衣を着せられ、ターミナル・アイランドへとやってくる。刑務所を牛耳る冷酷な刑務所長ヘネシーは、「自由」と引き換えに、エイムズにレースの参加を持ちかけるが……。

K’s Point 近代のコロッセオへようこそ!
「赤」を見ると興奮するのは牛だけではない。人ははるか昔より奴隷たちを闘わせ、流れる「血」を見て歓喜をあげていた残酷な生き物だ。囚人たちが命を賭けて挑むこの「デス・レース」が近未来、ネットを通じ恐ろしいほどの高視聴率番組となっている設定は、あり得ないようで、とてもリアル。オリジナル作品「デスレース2000」を、ポール・W・S・アンダーソンは見事に脚色したといっていいだろう。「デス・レース」、それは人間の奥底に潜む「狂気」、そして決して失くしてはならない「勇気」と「正義」が入り混じる近代のコロッセオで行われる「グラディエーター」たちの闘いなのだ。

K’s Point とにかくすごいカーアクションを体感せよ!
主人公エイムズを演じるのは「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム。車を「マスタング」に乗り換え、今回もとにかく凄いカーテクニックを披露する。映画の大半を占めるレースシーンは、最初から目が釘付けのド迫力なのに、クライマックスまでそのレベルは上がりっぱなし。スタント、スタッフ達が「狂っているとしか思えない撮影」と言ったそのアクションシーンは、かなりのカーアクション映画を観たという方でも、きっと満足できる仕上がりだ(何と言っても助手席にはセクシーなお姉さん付きですし)。レースカーたちもレーサーの性格を考えて造られた個性的なものばかり。車マニアにもたまらない作品になっている。はっきり言ってこの映画を観たからといって感動したり、人生について考えたりするものではない。しかしこれぞ大きいスクリーンで観なくちゃ意味のない映画なのだ。とにかくすっきりしたい方!DVDじゃこの作品の良さは味わえませんよ!




  
プライバシーポリシー