ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「デッド・サイレンス」

(C)2007 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.


叫んだら、死ぬ!? 腹話術人形と呪われた詩、その結末にあなたは驚愕する!!
全世界で大ヒットしたスリラー映画「ソウ」のつぎはこれだ!
監督:ジェームズ・ワン×脚本:リー・ワネルが新たに仕掛けた謎と恐怖の衝撃!






原題

Dead Silence
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間29分
日本公開

2008年3月22日
配給会社

東宝東和
ジャンル

ホラー、ミステリー、スリラー
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場 敷島シネポップ三宮シネフェニックスTOHOシネマズ二条 他
http://www.dead-s.jp/theaters.html

監督
ジェームズ・ワン(「ソウ」)

原案 ジェームズ・ワン(「ソウ」「ソウ3」)
リー・ワネル(「ソウ」「ソウ3」)

脚本 リー・ワネル(「ソウ」「ソウ2」「ソウ3」)

キャスト ジェイミー・アーシェン ライアン・クワンテン
エラ・アーシェン アンバー・ヴァレッタ
リプトン刑事 ドニー・ウォールバーグ
エドワード・アーシェン ボブ・ガントン

公式HP http://www.dead-s.jp/ (日本)
http://www.deadsilencemovie.net/ (アメリカ)

ストーリー ある日、最愛の妻が不気味な姿で殺された。自分に容疑がかかった夫のジェイミーは、殺害前に届けられた謎の腹話術人形と、妻が死の直前につぶやいた"メアリー・ショウにご用心。子のない彼女は人形が好き。夢で彼女に会っても、叫んじゃだダメだ"という詩が関係していると考え、生まれ故郷のレイブンズ・フェアに戻る。詩のことに口を閉ざす父親、そして何かに脅える葬儀人とその妻。語り継がれてきたその詩の意味と腹話術人形の謎をジェイミーが探り当てた時、衝撃の恐怖が襲いかかる!

K’s Point ホラー映画の人気アイテムに都市伝説をプラス
まず初めに――この映画はオーソドックスに展開していくB級ホラーである。あの「ソウ」で有名になった監督&脚本のコンビだから…という頭で観に行くと、斬新な試みがそこかしこにはめ込まれているわけではないことにガッカリするかもしれない。しかし、そんな先入観など持たずに観れば、これはこれでなかなか楽しめる仕上がりになっている。「チャイルド・プレイ」シリーズのダーク・アイドル、チャッキーに代表されるホラー映画の人気アイテム=人形が不気味に大活躍。そのいわれとして、今ブームの都市伝説が語られる。恐怖をかき立てるのは、“何か”がやって来る時に必ず無音状態になる演出と、“叫んだら死ぬ”という設定。この積み重ねを経て、主人公が謎の真相に近づいて行く。そしてその先に待っているのは……「ソウ」のテイストなのだ。




プライバシーポリシー