ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「地球が静止する日」




地球に現れた異星人クラトゥの要求は…。
そして、地球人は彼にどう応えるのか?
1951年の傑作SF映画「地球の静止する日」を、キアヌ・リーヴス主演でリメイク。


原題

The Day the Earth Stood Still
製作年度/国

2008年/アメリカ
上映時間

日本公開

2008年12月19日   全米公開:2008年12月12日
配給会社

20世紀フォックス
ジャンル

SFドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督
スコット・デリクソン(「ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ」「エミリー・ローズ」)

脚本 デヴィッド・スカルパ(「ラスト・キャッスル」)

キャスト クラトゥ キアヌ・リーヴス
ドクター・ヘレン・ベンソン ジェニファー・コネリー
ジェイコブ・ベンソン ジェイデン・スミス
レジーナ・ジャクソン キャシー・ベイツ
マイケル・グレイニア ジョン・ハム
ドクター・バーンハート ジョン・クリーズ
ジョン・ドリスコル カイル・チャンドラー
大佐 ロバート・ネッパー
ミスター・ウー ジェームズ・ホン
ドクター・マイロン ジョン・ロスマン

公式HP http://movies.foxjapan.com/chikyu/ (日本)
http://www.dtessmovie.com/ (アメリカ)

ストーリー 突然、地球に飛来した巨大な謎の球体。政府が緊急に招集したあらゆるスペシャリストによる対策チームが見守る中、球体から人間の姿をした異星人クラトゥが現れる。彼は、尋問中に不思議な能力を発揮し、脱出してしまう。そんなクラトゥと行動を共にすることになった生物学者のヘレンは、彼の口から思いもよらない目的を告げられるのだった…。

K’s Point キアヌ、球体、結末…すべてがミステリアス
温暖化の認識が他国より遅かった“先進国”アメリカ発の映画に、このところ環境問題をテーマにしたものが目立っている。1951年に作られたSF古典「地球の静止する日」が描いていたのは、核問題だった。それを、流行り物とも言えるテーマに置き換えてリメイクしたのが本作だ。太古の昔に地球上で起きた環境変化は、人類の預かり知らない要因によるものだった。しかし、近年の環境問題には、確実に我々が深く関わっている。異星人クラトゥは、まるで宇宙を司る者が遣わしたかのようなミステリアスな男。“人類が死ねば、地球は生き残れる”――恐ろしいが現実味のあるセリフを話す異星人に、キアヌ・リーヴスの美しい無表情さがピッタリである。世界各地に現れる巨大な球体も美しくて恐ろしく、ずっと見ていたいような、いたくないような不思議な感覚にとらわれる。だが、すべてがミステリアスなこの映画、結末まで抽象的なのは如何なものだろうか? ある一つの決着はつくのだが、幾つかの「?」が心の中に残されたままになってしまった。




プライバシーポリシー